このサイトについて
Home > 6月, 2008

2008.06.30

野宿野郎

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000983-san-soci

 ちなみに、野宿戦隊シュラフマンのメンバーのサインを一つ貰った事がある。


2008.06.27

走行地図

27-01.gif


リリィ

 影響されて大言壮語も吐いていたのにどういう事だと思っている。orz

 でも、憧れている。


2008.06.25

913 淀みにはまる

 淀みにはまる。でも、そこには何もない。動かないと、何も始まらない。だからやらないと。すごく慌しくなるかもしれん。その前には報告する。

 @福岡


2008.06.23

毎日新聞まとめ

 23-01.jpg

  http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/1.html

 この様な形に憤りを感じる。これ程に気分の悪い物はない。もしこれが、中国なら、タイなら、社長のクビは飛ぶだろう。これを元に更に憂鬱になるのは、どうにもなりそうにないと感じる事。片隅で何事もなかった様に忘れ去られ、何事もなかった様に進んで行く。そんな国だと思う事。

 でも、希望がないわけではない。若しかしたら、もっと盛り上がるかもしれない。この様な愚行に、それなりの結果が返るのではないかと。日本という国は悪く言われても、自ら何も出来やしない。だから、そこに住んで、それを大切にと願う物が、行動を起こさないといけない。この行方は注目している。あなたはどう考える?


911 この先の向こう

 どうしたらいいのか分からなくなる。頭はぐちゃぐちゃ。


2008.06.20

ぴょんぴょんカンガルー

20-01.jpg

 ケアンズからキャサリンまでのガルフトラック。人口一桁のステーション(居住区)に水を汲みに立ち寄った。整地された土地に伸びる雑草は絶好の餌場、カンガルーがぴょんぴょん飛び跳ねていた。人間生活の中に組み込まれたカンガルーの姿が奇妙で、でも愛らしかった。


2008.06.18

経済学

 原油、食物、最近の高騰。株だって上がったり下がったり。土地神話はバブルの崩壊、住宅ローンはサブプライム問題、そういえば為替によるアジアの通貨危機だって。金の流れは凶暴すぎではないか。何処かが失えば、何処かがまた加熱する。それを繰り返す。これが正常な状態なのだろうか。

 ちょっと経済学に興味がある。


2008.06.15

体格差

 15-01.jpg

 タイから入ったアンコールワットへの道はがたがた道路。そこで会った年配のポーランドカップルの女性と共に。すみません、典型的な東洋人です。大きくなりたかった。


モンテネグロ

 東ティモールに行った際、ここが一番新しい独立国だと思っていたら、セルビア・モンテネグロが分裂して、セルビアと、モンテネグロとなっていた。だからモンテネグロが一番新しい国。それを知った時には、モンテネグロが独立してから一年も経っていた。インターネットでニュース見てても何かしら取りこぼす。


 Page 1 of 2  1  2 »