このサイトについて
Home > 2月, 2014

2014.02.27

【近況】アメリカ大陸最南端のウシュアイアに王手

リオ・ガジェゴスから5日目で、トルウィンに到着。ここはパン屋がチャリダーに部屋を開放している。ウスアイアまで100km。明日、風に邪魔をされることがなけば到着できる。今日は100km、昨日も140kmと追い風とはいえ走っている。明日を万全に迎えたいと、自転車の点検をしていたらスプロケが緩んでいた。ダボ穴も落ちている。最後までバタバタとしている。

(さらに…)


2014.02.23

自分の中での自転車世界一周

 アメリカ大陸を縦断していなければ、自転車世界一周とは言わなかった。南米にいかなくても同様に。チャリダーにとって、世界地図に残った轍が自分の旅の証。自分はウスアイア到着でようやく「自転車世界一周をやりました」と胸を張って言える。思い描いた夢の形がすぐそこにある。

 ちなみに100ヶ国も忘れてはいません。


2014.02.22

【近況】リオ・ガジェゴスで航空券を入手

 カラファテから退屈な300kmを2日と半日かけて、リオ・ガジェゴスに到着。追い風が吹いて楽だったがだるかった。インターネットで調べておいたドミトリー100ペソのバスターミナル近くの宿に入る。作業する。と同時に、ここで航空券を買う予定だった。3日目に国営のアルゼンチン航空のオフィスに出かける。

(さらに…)


2014.02.16

【近況】カラファテのフィッツロイとペリト・モレノ氷河

...

...

日本では記録的な大雪となっているみたいだけど、アルゼンチンのカラファテは気持ちのいいほどの青空が広がっていた。フィッツロイのトレッキングと、ペリト・モレノ氷河のみにトレッキングをしてきた。

(さらに…)


2014.02.11

【近況】旅で一番の風に飛ばされたパタゴニアのルタ40

...

コイアイケで整備をすました愛車。

...

リオイバニェスというマイナー国境。

...

アルゼンチンにいるのはグアナコ?

コイアイケからカラファテまで2つの選択肢がある。一つがチリを南下してVilla O’Higginsまで、もう一つがアルゼンチンのルータ40。Villa O’Higginsは風の影響が少ないが、8000円近い船に乗る必要があり、トレッキングルートを走破する国境越えも大変と聞く。自分は先人の背中を追いかけていたのでルータ40を走った。ほとんど舗装化されていたものの、想像を絶する向かい風に苦しんだ区間だった。1年分の風を受けてきたといっても過言ではない。

(さらに…)


2014.02.01

今になって気づいたチャリダーの特権とは?

...

アルゼンチンの「ドッキリでした」の看板を掲げる標識。ほんとうの意味は何だろう?

...

この工事標識を見て、チリに戻ってきたと実感。

ずっと旅してきて何気なく標識を撮って、記事にすらしたけど、ずっと気付いてなかった。チャリダーって誰よりも標識が身近にあることを。歩いていると遠いし、車だと止まるのが面倒だ。自転車が一番いろいろな標識を撮るのに適している。自分は今になって気づいてしまったが、これからのチャリダーさんが気に留めてくれたと思います。

(さらに…)