このサイトについて
Home > 5月, 2016

2016.05.30

「Billa」「Raiffeisenbank」はオーストリアの企業だった

...

「Billa」というスーパーは店舗の前に黄色の買い物袋がぶら下がっているのが目印。

...

ロシアにもあった。

ドイツかと思っていたけどオーストリアの企業。オーストリアを中心にブルガリアやルーマニアといった東欧にも店舗がある。
Billa (supermarket) – Wikipedia

(さらに…)


「臨揚感」ある文章は書けないし、勢いがあっても「座巻」できない

...

「臨場感」は約 489,000 件

...

「臨揚感」は約 427,000 件

文章を書いていると「この言葉ってこの意味で合ってる?」と自分の日本語に疑いをかける。ずっと一人で旅をしてきた私は日本語ですら危うい。ずっと勘違いしていたい言葉って意外とある。

(さらに…)


2016.05.29

世界一周をやるならばスマホ2台と携帯番号1つ持っていたい

...

今はASUSのZenFoneとSONYのXperiaの2台体制。

2011年の秋ごろにケニアで初めてスマホを買った。それ以来、旅には欠かせないアイテムの一つとなっている。現地でSIMカードを買えば、どこでもネットに接続できる。テザリングをしたらパソコンでも閲覧可能。ネットカフェにほとんど通わなくなった。これが通常の使い方。

(さらに…)


2016.05.28

アフリカのフランス語圏で聞く「ドネモワ~」について

アフリカのフランス語圏ではよく「ドネモワ~」と言われていた。英語なら「ギブミー~」ろいう言葉。
こんなものをおねだりされる。

Donnez-moi cadeau (カドー)=Gift
Donnez-moi gâteau (ガトー)=Cake
Donnez-moi bonbons (ボンボン)=Candy
Donnez-moi l’argent (ラルジャン)=Money
Donnez-moi stylo (スティロ)=Pen

アフリカで人気なのはボンボン。コロコロではないのです。
スペイン語だと「gato(ガトー)」は猫になる。「ドネモワガトー」と聞くと「猫ちょうだい」とも勘違いすることができる。

...

チュニジアで食べたガトー。ガトーショコラのガトーです。

(さらに…)


2016.05.27

難しいことだろうけど、旅を仕事にできたらとも思ってしまう

フィリピンで「Oishi」ブランドでスナック菓子に強いリウェイウェイ・ホールディングスは、中国にも進出していて「上好佳」というブランドで一定のシェアを確保している。タイの「Oishi」ブランドは関係ない。

そんな海外の仕組みが気になってしょうがない。

フィリピンは「Jack n’ Jill」という菓子ブランドも強くてタイにもお菓子が置いてある。オレオをパクったような「Cream-O」は日本にも置いてある。

この「パクろうぜ」も東アジア、東南アジアを中心に見られる現象であって「いやいやアウトだろ」と突っ込みたくなる商品が巷にあふれている。特に中国は容赦無い。そういう日本も五輪エンブレムで一騒動あった。それどころか日本で販売されている正露丸のパッケージがどこも一緒なのを見ると、他国を笑えないのである。

この「正露丸」も、実は日露戦争が起源にあって古くは「征露丸」という名称だった。ラッパのマークも戦争に使われるラッパが由来。大戦後に不適当という理由から正露丸という名称に変更される。ロシアのウラジオストクも「東方を征服せよ」という意味である。あの頃はギスギスしていた。そういうことからウラジオストクに正露丸を持っていってみたい。ほこ×たて。それは、すなわちお腹を壊すことを暗示している。

(さらに…)


2016.05.26

中国の「くまモン」が偽物っぽい「にせモン」になっている

...

とはいいつつ、正規のくまモンはコンビニのファミマくらい。くまモンフェアーをやっていた。

...

こちらはゲームセンターでみかけたイラスト。さり気なく溶け込んでやがる。これはまだ上手。

(さらに…)


東京→パラオの往復航空券が280USドルだった

...

グーグルフライト検索を使うといろいろな航空券が出てくる。

Google フライト検索

(さらに…)


2016.05.25

コカコーラの味は世界共通ではない

...

タイのコカコーラ。

...

中国のコカコーラ。

「からっ」とタイのコカコーラを口にして反応する。「スーパードライ」かっと一人突っ込む。中国からタイにやってきた。コカコーラの味が明らかに違っていて戸惑う。

(さらに…)


2016.05.24

ウランバートルでは地元民の向けのホテルにも泊まった

...

ドラゴンホテル。

...

25000MNT(約1400円)の部屋

...

ただし便座はない。

ハラホリンからウランバートルへのバスは、市街西部のドラゴンバスステーションに戻ってくる。ハラホリンに行った時と同じバスステーションなので勝手は分かっていた。狙っていた近くの安宿に身を投げる。モンゴル語しか通じなかったけど「25000MNTの部屋に泊まりたい」と強く訴えると、この部屋に泊まれた。ドラゴンホテルに25000MNTの部屋はある。ただ満杯のようなジェスチャーをした気がして、泊まった部屋はいくらの部屋だったのかはっきりしない。意思疎通が不十分。

それでもローカルホテルに泊まってみたかった。

(さらに…)


2016.05.23

「熊出没」を馬鹿にしていたら、実は中国の人気アニメだった

...

モンゴルとの国境がある中国はエレンホトでポッキーのようなお菓子を見つけた。

...

シールが入ってるらしく「熊出没」というだけに、熊を期待したのに出てきたのはハンターだった。残念。

(さらに…)


 Page 1 of 3  1  2  3 »