このサイトについて

2017.02.26

これからのためにも「ウェブメディアびっくりセール」に行ってきた

...

あふれかえるほどの人だった。

...

2400分の1の確率となった黒ひげ危機一発ゲーム。

行くつもりだった。でも、起きたら昼前で決心が鈍る。いや、これじゃ何も変わらないと電車に乗り込んだ。南千住から蒲田まで。

ウェブメディアびっくりセール
http://portal.nifty.com/bikkurisale01/

バトルロワイヤル座談会 編集長大会
ウェブメディアの編集長がネットの未来やサイトの運営方法、愚痴を語る。 下世話な話から下世話な話まで!
出演:デイリーポータルZ/オモコロ/ロケットニュース24/トゥギャッチ/エキレビ!/バズフィードジャパン/ねとらぼ 編集長

これが一番の目的。

Read more »


2017.02.18

「モナリザ(Mona Lisa)」という言葉に隠された意味

「モナリザ(Mona Lisa)」は世界一有名な女性の肖像画です。このモナは「マドンナ(Madonna)」の短縮形。「彼女はこのクラスのマドンナだ」とヒロインような意味で私たちも使っています。このマドンナは古いイタリア語が由来。「私の」という意味の所有格「マ(ma)」と「淑女」という意味の「ドンナ(dona)」に分ける事ができます。要するにモナとは「我が淑女」という意味。

Read more »


2017.02.17

駅前に出没するフィリピン人による募金詐欺を目撃して

...

御徒町で用事があった。19時前に駅近くで東南アジア系の女性が2人くらいが通り掛かる人に見境なく声をかけていた。募金詐欺っぽくそこに人が存在しないかのように冷酷な無視をする。23時近くに同じ場所を通る。警察に制止される酔った男性と同じ女性たちがいた。男性は「おかしいだろう」と声を上げる。貧しい外国人を増やした結果のいびつな光景が日本にも定着しつつある。

涙目の女性たち。男性には声をかけれなかったが警察の方には話を聞くことができた。内容はやはり募金詐欺ぽかった。

Read more »


2017.02.16

侮ってはいけない世界で活躍する韓国企業

...

最近は韓国を嫌う人が多くて時代を感じる。南米を旅していたとき、ペルーのクスコで一緒になった大学生が「韓国なんてサムソンとLGとヒュンダイだけ」と言っていた。それは違うのでまとめてみる。ライバルは侮ってはいけない。

Read more »


2017.02.15

台湾人が愛してやまない「愛玉檸檬」というドリンク

...

...

レモンの酸味ですっきり爽やか。作る途中に柔らかいゼリーを混ぜるので飲み心地も独特。ヴィダインゼリーやファンタのふるふるシェイカーの用な感じだが、こちらのゼリーはもっと柔らかくてもっと塊。ヌルーっとストローの中を駆け抜けていく。

Read more »


2017.02.13

コンテンツに溢れた100年後に生まれたとしたら何を想う

...

音楽、小説、映画、漫画、テレビゲームとすべてのコンテンツはデジタルデータとして後世に伝わる。コンテンツは減ることなく蓄積するばかり。だからこそ、企業は無料ビジネスへと舵を取る。今から100年後に生まれたら、抱えきれないコンテンツをどう取捨選択しているだろうか。そんな世界はまだ誰も経験していない。

想像する100年後の世界。

・ドラゴンクエストシリーズがI~XXXIV(1~34)まである。
・東京ドームを埋め尽くすほどの蔵書がある漫画喫茶が営業中。
・すべてのコードは使われてしまった。作曲家のいない世界に。
・それでも受け継がれるラピュタ祭り。パルス。
・前前前世ならぬシン・シン・シン・シンゴジラ。
・インドでもディズニーランド営業中。踊るミッキーとミニー。
・HUNTER×HUNTER休載中。

Read more »


2017.02.11

「保育園落ちた人」に対する拭いきれない違和感

 「保育園落ちた人」は日本の社会を変えた。汚い言葉であれ結果がすべて。それを責めることもできない。ただ、何を思ったのか彼女はツイッターのアカウントを開設し活動家となった。それにも関わらず汚い言葉は撤回しない。「破滅ではなく希望を抱いています」と修正するだけでいいのに。今も胸中は日本死ね?

 どこのだれか分からない匿名だからこそ、汚い言葉でも許された。追い詰められていた。仕方ない。それなのに、その匿名は人格を持った。だったら「お騒がせしました」と弁明するべきで、なんかいろいろおかしな人だという感想を抱く。追いつめられて声なき声をあげたか弱き女性はもういない。

Read more »


2017.02.10

スーパーにあった鯨(クジラ)の刺身を食べてみた感想

...

...

日本のクジラ漁は何かと批判の対象となっている。日本としてもクジラを絶滅させる意図はない。欧米にしてもクジラの食文化を否定しない。こうした原則を守ればお互いハッピーなのにうまくいかない。

そんなクジラに興味はずっとあったので、スーパーにあった半額の刺し身を買ってみた。生姜醤油で口にする。食感は魚じゃなくて肉に近い。だけど、口の上でとろける柔らかさ。匂いもほとんど気にならなかった。全然いける味だった。

Read more »


2017.02.08

物価の上昇に給与が追いついても解決しない問題がある

...

(過去記事を整理中に下書きを発見したので投稿)

 日銀は異例ともいえるマイナス金利の導入した。その結果、負担が増える民間銀行の定期預金の利率が低下。「銀行に預けておいても無駄」という考えから、タンス預金に走る人も増えているとニュースは伝える。ただし、タンス預金にも危険性がない訳ではない。政府が年2%のインフレを目指している以上、眠っているお金の価値は目減りする。

Read more »


東京の地下鉄ポスターで見た酔っぱらいお父さんの寿司折り

...

東京メトロ:酔っ払ったとしてもぶら下げた寿司折りを傾けることのないお父さんの鑑。

...

都営地下鉄:酔っ払ってしまって寿司折りを振り回して歩く残念なお父さん。もう、中グシャグシャ。

「酔っぱらい+お父さん+寿司折り」とは日本のサラリーマンの帰宅を表す古典的な手法。「帰ったぞー」と家族に差し出す寿司折りはおみやげなのです。


 Page 3 of 216 « 1  2  3  4  5 » ...  Last »