「モナリザ(Mona Lisa)」という言葉に隠された意味 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.02.18

カテゴリ : 語学

267 views

「モナリザ(Mona Lisa)」という言葉に隠された意味

「モナリザ(Mona Lisa)」は世界一有名な女性の肖像画です。このモナは「マドンナ(Madonna)」の短縮形。「彼女はこのクラスのマドンナだ」とヒロインような意味で私たちも使っています。このマドンナは古いイタリア語が由来。「私の」という意味の所有格「マ(ma)」と「淑女」という意味の「ドンナ(dona)」に分ける事ができます。要するにモナとは「我が淑女」という意味。

スポンサーリンク

結局「モナリザ(Mona Lisa)」は「マドンナリサ(Ma Dona Lisa)」となって「我が淑女リサ」という意味になります。女性を表す言葉なので語尾がaで統一されています。これを書いたのが「レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)」と語尾がoで終わる男性。イタリアが由来の言葉は女性が-a、男性が-oで終わる法則に支配されているのでした。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE