12月15日まで東京いるので仕事下さいor取材して下さい – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

仕事情報

2016.10.30

カテゴリ : 未分類

12月15日まで東京いるので仕事下さいor取材して下さい

150カ国と13万1214.54kmを走破した自転車世界一周における記録の数々
http://gigazine.net/news/20160916-bicycle-around-the-world/

まだ旅に出る前でしたが、世界一周の費用を捻出したいと「マネーの虎」という番組のオーディションを受けました。一般人が事業計画をプレゼンテーションして、審査員である社長さんたちからお金を募るという番組でした。自転車世界一周という私の夢に「海外の紛争地を巡るとか、各地でボランティア活動するとか、もっと視聴者受けするプラスαが欲しい」と言われたのですが、まだ19歳の私は「そんなことじゃなくて、ただ旅がしたいんです」と弁明。旅した結果をお金にするのはいいですが、お金のために旅をするのは抵抗がありました。もちろん、オーディションには落ちました。

世界一周の旅を始めて経験を積んで、どこかで仕事ができないかと探しまくった果てに、ようやく手を差し伸べてくれたのがGIGAZINEでした。あまり旅する人がいないアフリカに入る前だったので、どこかで記事が書けないかと営業しました。これをきっかけに2011年の1月1日から2016年の今日に至るまで、ありとあらゆる記事を書かせてもらっています。旅した結果をお金にさせてもらいました。感謝しかありません。

お世話になっている方がいるので、この自転車世界一周を1冊の本にまとめたいと思っております。できれば写真集もやりたいのですが、どこか作ってくれないでしょうか。猫の写真とかいっぱいあります。また、東京で報告会をする予定です。これから告知していくので、お時間ありましたら遊びに来てください。ちょっと東京に出るつもりなので、お仕事ありましたら声をかけていただけると嬉しいで

世界一周終了の記事にこういうことを書いていた。旅の結果をアピールできる賞味期限って短いにも関わらず、毎日の雑務に追われていて仕事を探すの忘れていた。少なくとも10月31日~12月15日までは東京にいるので、何か仕事くださいor取材してください。人を集めていただけるなら旅の報告会もやります。

あの記事の結果、出版社の方から声がかかって一気にいくかと期待したけれど「君にはまだ早い!」とお流れになって振り出しに戻るでござる。でも、まだ諦めていない。仕事(GIGAZINE)もそうだったけれど、諦めなければ道が拓けることもある。それでも、この旅に期待できるのも来年まで。芽がでないようなら次を探す。

SHARE