海外にある謎のお菓子「フィッシャーマンズ・フレンド」について | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.11.15

カテゴリ : タイ、日本

3,175 views

海外にある謎のお菓子「フィッシャーマンズ・フレンド」について

 

「フィッシャーマンズ・フレンド(Fisherman’s Friend)」と呼ばれるお菓子のことは知っていた。古めかしい船がデザインのパッケージで、海外ではよく見かけていた。世界の定番だった。でも、手を出さず。

それがタイにもあったので、旅の最後の最後にようやく買って帰国する。メントスが約35円のタイで、こちらは約100円を超える高級品。

スポンサーリンク

前知識もなく謎のお菓子だった。袋を開けるとタブレット錠剤のような粒が入っていた。口に入れるとミントの爽快感が頭のてっぺんまで駆け抜ける。フリスクやミンティアに似てるが、粒が大きいので口の中でしばらく転がす。シトラスの酸味と甘味の加減も絶妙。

・追記 16/07/16

35バーツの高級品だが一度口にするとハマってしまう。やはり巨大なフリスクのような感じ。粒が大きいので口に入れると溶けるまで時間がかかる。全部溶け切ると口の中がスースーして気分爽快すっきり。蒸し暑くてだれてしまうタイだからこそ、ついつい口にしたくなるお菓子だった。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly