韓国を英語で「コリア(Korea)」と呼ぶのはなぜなのか? – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.01.23

カテゴリ : 語学

734 views

韓国を英語で「コリア(Korea)」と呼ぶのはなぜなのか?

 韓国は「コリア(Korea)」だ。コリアはコリアだ。言葉を疑うことすらすらなかった。

だが、ふと気になって調べてみると、かつて朝鮮半島に存在した「高麗」という国が由来だった。現地の「高麗(コリョ)」という呼び方が「コリア」へと変わったらしい。韓国でも朝鮮でもなく、高麗まで遡らないと国名の意味がつかめないというのも面白い。

スポンサーリンク

 ドイツはドイツ語で「ドイチュラント」で英語で「ジャーマニー」でフランス語で「アルマニー」だったり、キプロスは英語だと「サイプロス」、コートジボワールは英語だと「アイボリーコースト」と国の呼び方もいろいろあって興味が尽きない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • Tadashi より:

    いつも楽しく読ませていただいてます
    小生約50か国これまで訪問 まだ未踏は南アメリカ、
    キプロスは1回のみ、現地ではキプロスと発音 その数少ない国が
    日本です 他ははほとんどがサイプラス。
    地中海はどこも良い所 気候は良いし 食事も美味しい
    フィンランドは他にスオミともいいます

  • shuutak より:

    >>Tadashi様

    コメントありがとうございます。
    「サイプロス」ってどこやねんと首を傾げていました。
    フィンランドもそうですし、ハンガリーも違いますね。
    ここらへんは一度、まとめてみたい所です。

SHARE