フロントサイドバッグ - 自転車世界一周取材中
このサイトについて

« | »

2009.04.11

フロントサイドバッグ

...

...

...

オーストリッチ S-83、容量24.0L 、重量:1,040g。十分な容量があり、いい鞄。片方に調理関係、もう片方に充電器やネジなどの予備パーツを入れている。基本リアサイドに比べると重い物を入れている。外部にドリンクホルダーポケットがあるから、そこに水筒を入れて置く事と便利。つけぱなしにしていたリアサイドに比べるとこのバッグの取り付けは手間がかかる。その分取り外しも手間がかかるので、盗難対策にはなっている気がする。

タイラップみたくキャリアにくくりつけるストラップ部は、紛失防止の為に本体に糸でくくりつけていた。防水鞄ではないので、雨が降ると辛く、常に内部はゴミ袋等で防水対策していた。付属のレインカバーは役に立つとは言い難い。取り付け部が多く、その余った部分がふらふらとするのも余り好きではなかった。

...

...

この様にして移動していた。

...

オルトリーブ バックローラークラシック。古いバッグが傷んでいたので、新しいバッグを新調した。完全防水で有名なサイクリストご用達のオルトリーブが付く事になる。09/08/16

オルトリーブは3秒でつけ外しが出来て便利。これを考えると、オーストリッチの煩わしさはない。リアこそ未だにオーストリッチだが、こちらは常時付けているから問題ない。フロントサイドバッグは常に取り外しするからオルトリーブで助かっている。刷ったりして小さな穴が1、2カ所、そして表面が傷んでいる。何年持ってくれるだろうか。10/11/05

...

きちんとパッキングできると嬉しい。10/12/13

...

オルトリーブのフックとチューブスのキャリアはそのままだとしっくり来ない。その隙間を埋めるスモールパーツも売っている。だけど要らないチューブとビニールテープを巻けば案外十分。12/02/14

...

鞄が左右同一で間違うこともたくさんあったから取っ手に細工をしている。12/03/20

...

...

第三段のアメリカ大陸の旅にあたって鞄は全部一新することにした。Gigazineの記事にも書いているけどイギリスの海外通販を使って揃える。オルトリーブのフロントローラークラシック。フロントは灰色、リアは黒と色を変えたのは判別を容易にするため。12/06/14

...

こんな感じで取り付けている。第二段の旅より鞄が小さくなったので、底をすることが少なくなった。12/09/29

...

左右の判別に傾向テープを巻いた。12/10/05

現在の人気記事

歴代の人気記事

Comment

Comments and Trackback are closed.

No comments.