エルサルバドルの安宿をGPSの座標付きで紹介 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.04.24

カテゴリ : 宿

337 views

エルサルバドルの安宿をGPSの座標付きで紹介

01 MOTEL ENSUENOS
Chanmico
標高 456M
N13.78228 W89.37214
自転車は室内(平屋)

2013年04月06日(1泊)
10USD
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
天井ファン

エルサルバドル入国初日。国道沿いのモーテルは10USDの看板を掲げていた。十分に走った後に宿を探しても16USD、15USDと高い。諦めかけていたが地元の人に聞いてみると安宿があった。ただ部屋の鍵がない。危険だけどそのまま20分間くらい買物をしていた。自転車から荷物は外していない。そして周りに何にもない。これも首都のサンサルバドルを明日一日で迂回するため。鍵がない以外は部屋も広いし、公園にあるようなベンチと机もあるし、天井ファンも調子よくて、いい宿なんだけど。治安も心配だが、管理人はオフィスを開けっ放しにして掃除していた。

スポンサーリンク

02 MOTEL CUSCATLAN
Cojutepeque
標高 904M
N13.72012 W88.93577
自転車は室内(3階)

2013年04月07日(1泊)
10USD
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機

6時半に宿を出て道沿いの食堂で腹ごしらえ。しょっぱいトルティーヤはキャベツと一緒じゃないと食べられない。サンサルバドルまでは上り坂だった。心配していたサンサルバドルはほとんど下り坂。ガラが悪いといえばガラが悪いけれど、栄えているところは他の国と変わらない人の賑わい。無事にサンサルバドルを通過して、目的としていたCojutepequeに着いた。街に入るのに、まだ坂を上る。見当がつかなかったけれど大きな街だった。地元の人に宿の場所を聞く。この宿に隣接して2軒安宿がある。最初12ドルって言ってたけれど「一日の予算が10ドルなんだよ」と言ったらディスカウントしてくれた。親切なおばぁちゃんがやっている。狭い階段だったけど、自転車を3階まで上げた。街にはスーパーもファーストフードもあってびっくりした。

03 HOTEL IMPERIAL
San Miguel
標高 125M
N13.48408 W88.17315
自転車は室内(2階)

2013年04月08日(2泊)
10USD
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
扇風機

暑い中アップダウンの多い道を走ってサンミゲルに到着した。市の中心部で10ドルの部屋をみつける。エアコンが15ドル。外見も綺麗で部屋も綺麗。大きな机は作業に向いていた。クローゼットもある。ただ、とても暑い。エアコン用に作られた部屋なので、風通しがよくないのかもしれない。作業があったので連泊。サンミゲルの雰囲気はサンサルバドルよりはマシ。だけどチェーン店みたいな大きなショップで若者二人が壁に手をついて軍人に取り調べられていた。緊迫した光景なのに、周りの人が動じてないのも怖い。ワイファイが飛んでいたのでピザハットに入る。結構歩いたけれどネットカフェを見ていない。宿からバスターミナル付近のDFスーパーまで歩いて5分。

04 HOTEL DOS HERMANOS
El Salvador/Honduras border
標高 97M
N13.59601 W87.76962
自転車は室内(平屋)

2013年04月10日(1泊)
12USD
室内にトイレ、シャワー(水)
電源あり
天井ファン

60kmを走って昼過ぎに到着。国境を越えるか迷ったけれど、両替が煩わしくてエルサルバドルに泊まった。ここなら米ドルが使える。ホンジュラスだと日数分の両替が必要。最初15ドルと言ってたけれど12ドルになった。ただし、この宿にも鍵がない。L字の金具があれば、誰でもあけることができる。何も無い国境なので、外に出歩くことは無いけど。数分だけ夕飯を買いにいった。中からは閉めることができるので夜は大丈夫後、天井ファンの電源が自室にない。隣ので管理しているみたいだけど1日付けっぱなしだった。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE