雑書2 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2011.05.30

カテゴリ : 小ネタ

61 views

雑書2

 

ぶーんぶんしゃかぶぶんぶーん

ロシア語で猪木やります。
アジェーン・ドゥバ・トゥリ(1,2,3)。ダー(YES)。

フランス語のlundiで始まる月曜日はluna(月)の意味だろうか。

女子アナウンサーの結婚相手はちい散歩のプロヂューサー。ちいという若い女性を想像していた。地井武男。

引きこもりの犬って居ないから偉い。散歩をせがむ。それでいて自宅警備員として働いているし。

スポンサーリンク

2人の物乞いの子どもに100CFAをせがまれた。そこで閃いた。俺も一緒になればいい。

俺が子どもAに100CFA渡す。
子どもAが子どもBに100CFAを渡す。
子どもBが俺に100CFAを渡す。

みんな100CFAずつ手に入れることができる。みんなハッピー。

スペイン語のドミンゴ(日曜日)は野球選手みたい。ブランコ(白)も然り。

「バケツを持って廊下で立ってろ」と叱られて頭に乗せる女子生徒。妄想アフリカ。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly