スーダンとエチオピアを諦めて、スリランカに飛ぶプラン – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.02.20

カテゴリ : 計画

131 views

スーダンとエチオピアを諦めて、スリランカに飛ぶプラン

カイロで行き先が定まらない。1年も前くらいからスケジュールを建てていたというのに、時間が足りなくなるなんて。カリブ海とバルカン半島に1ヶ月ずつ使っているのが響く。5月のインドは酷暑なので、それまでに走るとなれば、来月に飛んだほうがいい気がしてきた。

3月、4月:スリランカ、インド、ネパール、バングラディッシュ
5月:フィリピン、マレーシア(島)
6月、7月半:ニュージーランド、太平洋諸国
どこかで、台湾も行かないと

ここまで自転車で回るが、150ヶ国に足りないので一時帰国。バックパッカーとなってモンゴル、パキスタン、ベラルーシ、アゼルバイジャン、タジキスタン辺りを周れば世界一周は完了。パキスタンビザは日本でしか取れない。

スポンサーリンク

スリランカでインドビザを取れば安上がりなのだが、受け取りに1週間空くというので時間調整が難しい。「スリランカ一周してから申請に来るから」で日時を指定されないといいのだけれど。スリランカは宿が高いらしくて今から憂鬱。島国なので、脱出のチケットも抑えておくつもりだが、時間的にがんじがらめになりそうで、やることが残っている現状ではスリランカ行きのチケットを確定できない。

インドはムンバイに飛んでカトマンズを目指す予定。ルートを見ると、タージ・マハルに行けなさそうだが仕方ない。観光地のインド人はしょうもないと聞くし、関わらないほうが精神的にも優しいはず。ネパールの首都カトマンズは日本食レストランの宝庫と聞くので、それを楽しみにひたすら走る。

太平洋諸国が終わったら、残高が危ないと思っている。バックパッカーで未訪問国を周る予算があるかどうか。旅が終わっても出版は諦めてないし、だとしたら原稿を書く時間もいるので、金策には動かないといけない。考えるのも行動におこすのもタダではあるから、何かしらはやってみる。

旅をしながら今までのペースで原稿を仕上げていく。今年中に終わらせると言ったけれど、どうなるかは不透明。ただ、一つ一つやらないと、終わりは見えてこないので、何とか片付けていきたい。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE