キットカットのようなお菓子のデザインはここまで違っている | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.07.27

カテゴリ : 経済

1,838 views

キットカットのようなお菓子のデザインはここまで違っている

 

ネスレが作るキットカット。世界のどこにでもみかける。

キットカットより、安いのでよく買っていたドバイカット。湾岸諸国や南アフリカで販売されている。

スポンサーリンク

ヨルダンにあったインドカット。チョコレートがちょっと美味しくない。

マケドニアにあったレオカット。ネスレと何かと競合する商品が多いアメリカ企業のモンデリーズ(旧クラフトフーズ)も同じようなものを作っていた。

どうしても同じジャンルの商品は出てくる。そのときに、先行しているブランドと被らないようにすることが、後発の務めではないだろうか。大ヒット商品のデザインを真似たら売れるだろうけど、それをやってしまったらパクリと言われても仕方ない。韓国や中国の企業は、もっと考えてほしいもの。といいつつ日本のグリコも、ロッテのトッポをパクったようなことして幻滅したのだけれど。

ロッテのトッポとグリコのペジョイが瓜二つ、どこからがパクリで何がいけないのか?

という記事に関連して。

追記 15/11/01

リトアニアのスーパーマーケットのプライベート・ブランド。

タイにもあった。Delfi Foodsはフィリピンの会社?

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly