【近況】パレスチナの暫定首都ラマッラーでヨルダンビザ取り – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.12.22

カテゴリ : 近況

361 views

【近況】パレスチナの暫定首都ラマッラーでヨルダンビザ取り

中心。

ここも丘の上にある。

イスラエルとヨルダンの国境は3つある。最もメジャーなのはエルサレムとアンマンを結ぶキングフセイン橋(アレンビー橋)だが、ここはヨルダンビザが無いと渡れない。アンマンからだと、ヨルダン入国のスタンプがビザの代わりとなっている。パスポートにイスラエル入国の履歴もつかず、他のアラブ諸国も回れるから、多くの旅人はこの国境を使う。ヨルダンビザのない自分はエスサレム北すぐのラマッラーでビザを取得した。10時に提出して、街をぶらぶらして11時半に受け取りで費用はかからない。

スポンサーリンク

野菜が大きい。土地は痩せているのだけど、農業技術は進んでいるのだろう。

キャベツ売りおじさん。

エスサレムの旧市街ダマスカス門の外にバス停があって、そこから8INSでラマッラー行きのバスに乗れる。帰りも同じ8INSで同じ所から乗った。どちらも大型のバス。行きはスムーズだったが、エルサレムに戻る際に検問があり。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE