海外を旅するときに役立つズタ袋というアイテム - 自転車世界一周取材中
このサイトについて

« | »

2015.10.18

海外を旅するときに役立つズタ袋というアイテム

...

ズタ袋男子。

...

パッキングも楽々。インドの電車に乗った時。

そもそも、バックパックのカバーに使うというアイデアはあった。だけど、実行しなかった。そんなのもすっかり忘れてしまったミャンマーの路上で、ズタ袋が売られているのを見て閃く。これで、パッキングが楽になるはず。ヤンゴンからパガンへと向かった長距離バスで実行。「これすごくない、便利でしょ」とスーツケースを使う地元民を困惑させる。タイへ戻るフライトも、このズタ袋を預けた。

...

インド脱出のフライトでは、特大ズタ袋を二重にしてパッキング。

...

チェックインカウンタで「ラッピングしなさい」という指令。安かったので大人しく従う。

...

完成。

海風が冷たいトンガの船上では、寝袋代わりとして中に入っていた。簡易な装備しかなかったニュージーランドでは、マットの代わりに床に敷く。

一つ20円か30円で手に入る事ができる経済性、そして使わないときはコンパクトに畳むことができる携帯性。とこんなに優れたアイテムは他にない。

追記 15/11/10

...

ターンテーブルから流れてくるズタ袋は結構シュール。マレーシアのボルネオ島にあるクチンから首都クアラルンプールへのフライトでもズタ袋を活用。

...

タイで手に入れた中国製のテントは、シーズンオフのセールもあって約1000円だった。台湾対策のための入手。荷物が増えてもズタ袋があれば大丈夫。バンコクからシンガポールのフライトは、ズタ袋を使って受託手荷物を1つにまとめた。

現在の人気記事

歴代の人気記事

Comment

Comments and Trackback are closed.

wana see zutabukuro boy

[…] 2月12日金曜日、那覇に滞在していたけれど2ヶ月を周ったので一回切り替えることにした。那覇も福岡も、市街まで空港まで電車でアクセスできるので便利。モノレールは300円、地下鉄は330円だった。落ち畳自転車は事前に郵パックで送った。コロコロじゃなくズタズタの袋を持ち歩いての移動。一昨年の10月以来の福岡に戻ってきた。寒い。 […]