雨傘の「パラプリュイ(parapluie)」と日傘の「パラソル(parasol)」という言葉 - 自転車世界一周取材中
このサイトについて

« | »

2016.11.06

雨傘の「パラプリュイ(parapluie)」と日傘の「パラソル(parasol)」という言葉

...

フランス語で「プリュイ(pluie)」は雨という意味だった。雨傘を「パラプリュイ(parapluie)」といった。

Ricky Martinの「EL AMOR DE MI VIDA」という歌の歌詞に「para vivir(生きるために)」とあった。よってパラプリュイは「雨のために」という覚え方をした。

そこでふと「パラソル(parasol)」も同じと脳裏をよぎる。「太陽のために」になる。「ソル(sol)」はスペイン語で太陽の意味。ただし、フランス語の太陽は「ソレイユ(soleil)」となる。

「パラ(para)」はラテン語で遮るという意味。スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語などの大元がラテン語。

...

・雨傘
英語(umbrella)
フランス語(parapluie)
スペイン語(paraguas)

・日傘
英語(parasol)
フランス語(parasol)
スペイン語(sombrilla)

ラテン語、スペイン語、フランス語が合わさって言葉になって、非常に分かりづらい。だけど、だいたいこんな感じだったので整理してみた。

現在の人気記事

歴代の人気記事

Comment

Comments and Trackback are closed.

実はParaはPararの略から来てます。Pararは道路標識でPareってよく目にしたと思いますが「止まる、止める」って意味です。即ち、
Paragua(Parar agua:雨を止める)
Parasol(Parar sol:日差しを止める)

↑少し言葉足らずでした。「ParaguaやParasolの」Paraの部分がPararの略って事です。
「~のため」のParaは古いスペイン語でPorとAがミックスされてParaになりました

>>holyくん

とりあえずまとめたのですが、あんまわかってないんですよね。

フランス語だとパラプリュイ、パラソレイユの方がおフランスっぽいでのに何でソルなのだ。

スペイン語のparar≒ラテン語のparaなのかしら?
para(for)だと間違った覚え方でしたね。