【近況】トランジットビザを利用してベラルーシに入った – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.09.09

カテゴリ : 近況

1,393 views

【近況】トランジットビザを利用してベラルーシに入った

旧市街。

聖アンナ教会

アゼルバイジャンを無事こなして、グルジアのクタイシからリトアニアの首都ヴィルニュスに飛んだ。ここでベラルーシのビザを取らないといけない。だが日にちがまずい。木曜提出で金曜受取を希望したが、月曜しか出さないという答え。大使館で詳細を聞いて、駅でチケットを購入、再び大使館で申請と、街を歩き回った。おかげでヴィルニュスに、6泊もする。同じ日に申請していた日本人は、先にバスチケットをおさえて、翌日にビザを取得していた。

スポンサーリンク

ゲディミナス塔

ヨーロッパらしい建物。

リトアニア美女。

自転車で走ってたときはカウナスしか見てないので、ヴィルニュスは初めて。ほとんど作業(ネット)していたけれど、旧市街くらいは歩いておいた。小高い丘の上にあるゲディミナス塔まで歩くと、市街を一望できる。前にいたときは、独自通貨を使っていたが、今はユーロへと移行した。エストニア、ラトビア、リトアニアとバルト三国は優等生。すべてユーロとなった。そのユーロでも物価が安くて助かった。立派なキッチンもあったので、毎日自炊。自堕落な食生活を改めたかったので、サラダばかり食べていた。あとスーパーではサーモンの100gパックが2ユーロ(300円)くらいであって、久々に食べる生魚に舌鼓を打つ。脂も乗っていて、口の中でとろける生サーモン。

駅前。

無機質な巨大建築物。

旧ソ連といえば森のような住宅ビル群。

月曜にビザを受取、火曜の朝の列車でベラルーシの首都ミンスクに到着。駅前にある8ユーロのホステルを予約。集合住宅は予想していた。だが、看板がないとは思いはしない。そして従業員もいない。バクーも、トビリシもホステルができ、旧ソ連圏も旅しやすくなったのだけど、まだどこか足りない。2日かしないので、街を歩いたけれど、新しい国は楽しい。それも、あまり観光客が訪れないエリアならなおさら。これで146ヶ国目。無事に来れてよかった。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (4件)

コメント

  • Sato より:

    時々ウェブを拝見させて頂いています。旅も佳境のようですね。お疲れ様です。当方は、10月10日頃から2ヵ月程度スーダンに滞在します。もし同時期に当地を訪問されるようでしたら、お会いできれば幸いです。

  • FmSZ より:

    久しぶりに訪問(Favoriteに残ってましたので)小生昔は(80年代ー2006くらいまで、ネットのない時代でした)出張で南米を除きかなりの国訪問してました ヒマで数えてみた所50か国と少しのみ(宿泊滞在した国のみ)都市は150弱。 これまでの未読を追いかけて読みます 

  • shuutak より:

    @sato 様

    どうも、お久しぶりです。心残りだったスーダン、エチオピアを旅すべくエジプトに来たのですが、半端ない暑さですね。既にアスワンまで到達。明日ビザ申請して、問題なければ来週くらいにはスーダン入りしてると思います。残念ですが、タイミング合いそうにないですね。

  • shuutak より:

    @ FmSZ

    どのくらいぶりかは分かりませんが、未だに旅しています。旧ソ連が崩壊し、社会主義体制が終焉した90年代の世界もすごかったでしょうね。今は今で、どこでもスマホでネット可能になった。世界が変わるとともに、旅も変わり続けています。

SHARE