【近況】エチオピアからタイへ、東南アジアに戻ってきた – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.10.16

カテゴリ : 近況

447 views

【近況】エチオピアからタイへ、東南アジアに戻ってきた

トモカコーヒー。

エチオピア映画。

3泊4日のダナキルツアーを終えた翌日に、アディスアベバへ移動。中国製のバスは途中で故障して、乗り換えを余儀なくされた。出発は朝5時、到着は夜の9時という長丁場。お腹の調子が悪かったのも、何とか耐え切った。夜遅い到着だったが「Baro Hotel」は空いていた。シングル、ホットシャワー付きで230ブル。ネットもそこそこ繋がる。アディスアベバでは、温泉も博物館にも行かず、ブラックアフリカ発となる路面電車を見に出かけた。

スポンサーリンク

ドーハの空港。

インターネットPCが全部マック。

アディスアベバからバンコクのフライトはカタール航空を利用。昨年訪れたときは、まだ開業していなかったが、カタールのドーハの空港は新しくなっていた。エミレーツ(ドバイ)、エティハド(アブダビ)、と並んでカタール航空も快適なフライト。この辺りの航空会社は、安いフライトもあって、席もくつろげる。座席の後ろにあるタッチパネル端末には、日本の映画もたくさん入っていた。「ドラえもん のび太の宇宙英雄記」「暗殺教室」「予告犯」「ビリギャル」と立て続けに映画を見る。有村架純ちゃんの頑張りに涙する。

BTS。

カオマンガイ。

そして、タイに戻ってきた。1年ぶり、4度目のバンコク。空港から鉄道に乗るだけと、宿を予約したのだけど、エアポートリンクとBTSがごっちゃになっていた。エアポートリンクで市中心まで出て、BTSに乗り換え郊外と手間がかかる。前にも滞在した「VX The Fifty」という宿にいる。物価も安くて、飯も美味しい。アフリカと比べると、生活の質が段違い。やっぱり東南アジアは居心地がいい。ひとまず作業があって沈没モードです。

アゼルバイジャン、ベラルーシ、スーダン、エチオピアと旅したバックパッカーの旅もひとくぎり。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE