情報統制 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.11.11

カテゴリ : 政治

46 views

情報統制

 米軍密約は暴いて、尖閣映像は隠す。一国民としては、良くも悪くも全ての情報は知る権利があると思っている。民主党の米軍密約解明に感心してたから、今回の尖閣隠蔽は非常に残念で仕方ない。

 

スポンサーリンク

 朝日新聞の体質について考えた際に、新聞とは事実を照らすライトでしかないと分かった。一つの事実があるとしたら、朝日は朝日で、産経は産経で、好みの光を放つ。意図的に歪曲も出来て全体を見通すことが出来なくもなる。だから事実の確認は大切なことだった。

 海保職員による映像の流出は正当な手段ではない。だけど、この手段がなかった場合に公開の可否がどうなったのかを考えないといけない。加えて未だに全面公開もされていない事も。そもそも、たかだか一内閣に事実を隠蔽する権利はあるのだろうか。「中国の機嫌を損ねるから」、それが民主党の本位かもしれないが、どこの国であれ、どこに加害があれ、事実は尊重され公開されないといけない。事実は事実でしかない。

 民主党内閣が非公開を選択できた事が法の不備ではないだろうか。今後、この様なゴタゴタを避ける為に、速やかな法整備がされる事を願ってやまない。

仮に、
中国人が日本人を突き落としていた。→公開
日本人が中国人を突き落としていた。→公開
日本人がアメリカ人を突き落としていた。→公開
良い事であれ、悪い事であれ、事実は尊重されるべきが自分の意見。

ちなみに
 「領土問題は存在しない」と言う意見も聞くけれども、相手国がそう言うからこそ、「領土問題は存在するが」自分の意見。中国が「チベット問題は存在しない」と言うのと同じ。だからといって尖閣が中国領土と言う訳でもなく、中国には国際司法裁判所に足を伸ばして頂きたい。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE