ロックメロンのピッキングに必要な技術 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2007.02.19

カテゴリ : オーストラリア

153 views

ロックメロンのピッキングに必要な技術

 キャサリンのファームではロックメロンとハニードゥメロンのピっキングをした。ロックメロンは夕張メロンみたいな網目模様のメロン。ハニードゥメロンはマスクメロンみたいな感じか?どちらも形はまん丸くなくて楕円形。ロックメロンが熱かった!

 一人一レーンが仕事の範囲で十人位が横一列にならび腰を曲げてピッキングをしていく。実が熟れるとへたの部分がかぱっと外れる。触って、触って、触って、もいでいく。運搬する車へとベルトコンベアが伸びていてぽん、ぽん、ぽん、と入れていく。慣れていくに連れてコツがわかっきて楽しくなっていた。

スポンサーリンク


 
 へたの部分を見極める。色が黄色だと熟れ頃で、赤土が付いて血を流しているように見えるのもオッケーで熟れている。通常は片手でチェックしてへたから外れた後に入れるのだけど、熟れそうな奴は直に両手でもいでた。

 1個1個ベルトコンベアに入れると手間がかかるので、2個で一緒にいれると効率がいい。包み込むように両側から力を加えると落とさずに持ち上がる。小学校の理科の授業での作用、反作用を思い出したよ。熟れ熟れ地帯があると大変。全部入れないといけないから激しい体の動き。それがまた楽しかったりもして・・・・。

 ロックメロンが熱かった!ロックメロンに燃えていた!
 
 06/08/19

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE