782 Khampang phet | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2008.02.14

カテゴリ : 近況

49 views

782 Khampang phet

 4日走ってKamphang Phetに着いた。チェンマイとバンコクの中間位か。チャオプラヤ川が流れている。海まで350km以上あるはずなのに、川幅は500m以上ありそう。大河川。ニュースで流れていたけど、韓国ソウルの大門も燃えちゃったの?

 ・スコータイ

 と記したが現地の人達はスコタイみたいな発音していた。雨と飴のイントネーションが違うみたいに、日本人とタイ人の間でずれがあるみたいだ。タイ人はスコータイでは分かってくれなかった。
 遺跡があるのだが、期待していなかった分、良かった。密集している区間があって、仏像、大仏、石柱、仏塔と遺跡ワンダーランド。目に映るのは、煉瓦の赤色ばかりだった。どこのどの遺跡にしても、風化して崩れ去っている。その崩れ具合が良い。当時は整然とした秩序を持って並べられていた石も、形造っていた風貌も、時間と供に壊れていく。だが、それも流れ行く時間という秩序に従った結果で、それが美しかった。

 人種

 南下するに従って、日が強くなってきた。日焼けをした人達が増えて来た。そして顔がマレー系に戻って来た。ラオスで中国国境付近まで近付いた時には中国系、日本人に近い顔つきをしていたのに。肌の色はオーストラリアのアボリジニを起点として、インドネシアを西に行くに連れて、マレー半島を北に上がるに連れて薄くなっていく。顔つきはマレー系から徐々に中国系になっている様だ。タイはマレー系と中国系の中間地点か。混ざっている。インドネシアはマレー系、ラオスは中国寄り。裏付けはないが、現地を走ってみての実感。

 今日は1日休みを入れている。明日出発、2日か3日でアユタヤ。そしてバンコクアゲイン。次の滞在は目標一週間。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (1件)

コメント

SHARE