1486 まだエレバン | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.01.19

カテゴリ : 近況

62 views

1486 まだエレバン

 

 いつまでお正月すればいいんだ。明日には出発したい。

スポンサーリンク

・ビザの延長

 朝ビザの延長の手続きに出かけたら、やっぱり出来ていなかった。旧ソビエトだもの。「いつ出発するの?」。これは罠だ。予定通り、「明日出発する」と答えたら、「じゃぁ、また明日来てね」と言われてしまう。そこを踏まえて、「これが終わったら出たい」と答える。「チケットは?」と言うが、「自転車」だって。「じゃぁ、ちょっと待っててね」と言うと、まぁやってくれた。明日、フル装備の自転車で乗り付けてもよかったが、今日貰っておくことに越した事無い。よく出来た。時には嘘も必要さ。

・フル装備

 「アルメニア南部のあの活躍はなんだったんだ」と叫びたくなる位、ここエレバンでボロボロになった愛車。後輪のリムの穴は拡張完了して、アメリカンバルブのチューブが入った。後輪には、ウルムチから持ち歩いていた新しいタイヤも履かせた。これで、前後輪共に、何とかなる具合まで回復した。ただ、後輪のリム割れがひどくなっている。思い当たる節は、空気圧が高すぎる。少し空気を抜いてみたけど・・・。このまま行くと、リム穴部分からスポークが離れてしまう。イスタンまで持ち応えてくれるんだろうか。

・逃避行

 「俺の旅は現実逃避の成れの果て」だと嘆いた。でも、よく考えると「その割には遠くに来た」と気付いて苦笑い。少し元気になった。

・さよならチャベス

 いつか来た道、経済崩壊のジンバブエを辿るベネズエラ。憲法を改正して大統領3選を目指した時から可笑しかった。キューバのカストロもそうだったけど、社会主義者は自らの権力に固執する。スターリンや毛沢東、ポルポト。だから、まだブッシュの方がましだ。あのロシアでさえ、プーチンは退いている。どうして、新しい世代を育てない。トヨタに技術供与を強要する。スペイン国王に喧嘩を挑んだりと、最近の横暴は目に余る。さよならチャベス。

・グーグルの挑戦

 グーグルが中国に勝負をしかけた。人口換算だけで5分の1の市場を捨てるかもしれない。これがアメリカだ。中国滞在中にも、「グーグルはポルノ規制がないからあかんよ」と全国ニュースで責められていた。ただの、パフォーマンスかもしれないが、個人的には撤退して欲しい。中国人は民族系民族系エンジン”百度 baidu”使っているから問題ない。撤退して、世界に中国共産党その醜態をさらして欲しい。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly