【近況】この先はしばらく走るのでオルロで作業 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.10.19

カテゴリ : 近況

98 views

【近況】この先はしばらく走るのでオルロで作業

雹がが降った。

テントだったら死んでるわ。

ラパスのすり鉢を抜けたら、あとは平坦でスイスイと進んだ。1日目は立派な外観に戸惑ったが、宿は50ボリと普通の値段。次の日、オルロまで160kmくらいあったけど、平坦なので本気を出して到着。オルロの町ではいい安宿が見つからず、トイレ・シャワー共同の65ボリの宿に落ち着く。ホットシャワーガンガン、ワイファイ、朝食付き。ただ窓がないのが憂鬱。「高い、高い」と思っていたが、西アフリカに比べると、この値段でこのクオリティはないので妥協。ここを出たら、しばらくは走るので作業に専念している。

スポンサーリンク

アルパカ注意の標識は初めてかも。

標高は3900mくらいあるけど平坦です。

オルロの町。

・両替できた。

ペルーの記事であいつら小銭を持っていないと嘆いたが、友人のチャリダーの記事に「ATMでお金をおろして銀行に持って行くと小額紙幣に交換してくれる」と書いてあったので、自分も試してみるとスムーズに両替してくれた。これで、お金を崩す手間が省ける。だったら地元の人だって両替すればいいのに。何だかんだ言って「両替できないか」と駆けまわっていてめんどくさい。

・新スマホの購入。

ふと思いついて、即実行した。アフリカで買った「IDEOS」はパワーが弱くて、モッサリと固まることも多くイライラしていた。残りの旅も短いことから、ここで自分に投資が必要と判断。IDEOSはアメリカ大陸で3G電波をキャッチすることがなく、全世界で3Gをキャッチできる端末が理想だった。ここで改めて調べてみると850MHzと900MHz、1900MHzと2100MHzをカバーしていたらいいはず。オルロにある携帯ショップを覗くと、サムスンと同じくらいにソニーの携帯が置いてあった。「Xpereia Sola」が置いてあり、調べてみるとスペックも値段も悪くなかった。Solaよりスペクが上のS、P、Zとかあったけれど海外だと盗難の可能性も怖い。それにマイクロSIMにしないといけないらしく、一カ国に滞在するなららまだしも各国でSIMカードを買うには手間が増えると判断。「Sola」を使うことにしてみた。IDEOSからメモリ(RAM)が2倍の512MB、CPUが「Dual-core 1 GHz Cortex-A9」とパワーを増したのでサクサク動く。前々から構想のあった「旅でパソコンを補佐するスマホ」へカスタマイズして完成させたい。いろいろ不安だけど、多分大丈夫と信じている。自分のガジェットでは珍しく日本メーカーとなった。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE