役に立たない外務省の海外安全ホームページ – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.10.03

カテゴリ : 政治

257 views

役に立たない外務省の海外安全ホームページ

外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/

在ボリビア日本大使館領事班の掲示板
http://8259.teacup.com/consuladojapones/bbs

在パナマ日本国大使館大使館情報(治安)
http://www.panama.emb-japan.go.jp/jp/security-information/

あまりの非効率さに呆れた。それぞれが好き勝手にやって、働いたふりをしているのが日本の公務員。大使館による最新の状況が、外務省安全ホームページに反映されないってどうよ。消費税を増税する前に、もっとやるべきことはあるはず。

外務省と厚労省でも、別々に海外情報を管理していて非効率極まりない。
http://shuutak.com/wp/sentences/consideration/social/2013/05/19140213/

スポンサーリンク

邦人がラパス市内で偽警官による犯罪を回避した事案がありましたので紹介いたします。事案の概要は以下の通り。

(事案概要)
 25日午前11時頃、邦人がラパス市中心部の芸術博物館周辺を散策していた際に、チリ人と名乗る女性に声をかけられそれに対応していたところ、警官と名乗る身なりの整った人物にパスポートの提示を求められた。邦人とチリ人がパスポートはホテルにある旨説明すると、同人物は確認のためホテルへの同行を求め、タクシーを止め乗車するように指示をした。
 チリ人は素直に乗車し、邦人にも乗車するよう促した。不審に思った邦人が乗車を拒否し、会社に連絡するために携帯電話を操作したところ、同人物らは警察に連絡していると勘違いしたのか、急いでタクシーに乗車し、タクシーは走り去った。

(当館コメント)
 当地では、警官を名乗る偽警官、外国人女性及びタクシーが関与した盗難被害が多発しています。チリ人、ペルー人等の外国人に声をかけられたり、警官風の人物にタクシーに乗るように指示された場合は、相手にせず速やかにその場から離れる、最寄りの大使館等に連絡する等の対応をして、決してタクシーに乗車しないでください。

ボリビアの掲示板の事例は知人のチャリダーのような気がする。(と思ったが別人物でですね。短期間に二件とは恐ろしい。)こんなんも外務省の海外安全ホームページだけみていたら気付かないだろうな。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE