コンテンツに溢れた100年後に生まれたとしたら何を想う – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.02.13

カテゴリ : 科学

123 views

コンテンツに溢れた100年後に生まれたとしたら何を想う

音楽、小説、映画、漫画、テレビゲームとすべてのコンテンツはデジタルデータとして後世に伝わる。コンテンツは減ることなく蓄積するばかり。だからこそ、企業は無料ビジネスへと舵を取る。今から100年後に生まれたら、抱えきれないコンテンツをどう取捨選択しているだろうか。そんな世界はまだ誰も経験していない。

想像する100年後の世界。

・ドラゴンクエストシリーズがI~XXXIV(1~34)まである。
・東京ドームを埋め尽くすほどの蔵書がある漫画喫茶が営業中。
・すべてのコードは使われてしまった。作曲家のいない世界に。
・それでも受け継がれるラピュタ祭り。パルス。
・前前前世ならぬシン・シン・シン・シンゴジラ。
・インドでもディズニーランド営業中。踊るミッキーとミニー。
・HUNTER×HUNTER休載中。

スポンサーリンク

そう考えると今の時代って悪くない。漫画やテレビゲームが誕生してさほど時間は立っていない。飽きることはない。ただ、100年後の世界も予想がつかない。バーチャルリアリティーとか新たな表現方法にたどり着いていたりするかも。

突き詰めていくとすべてを知りたくなる。真理。

関連記事

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE