骸 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2006.07.30

カテゴリ : オーストラリア

84 views

 

 道路を走っていると、交通事故だろう、たくさんの動物の死骸が転がる。ウサギ、鳥、キツネ、蛇、腹を見せて横たわるは爬虫類?トカゲ?勿論、カンガルーもたくさんみた。

 日本だとネコにしろ犬にしろ、回収して道は何事もない状態に戻るだろう。しかしこっちは違う、自然乾燥だ。邪魔になるだろうからか?道路からははらっているがそれだけ。だから大きな死骸からは、鼻につく匂いが風にのって漂う。

スポンサーリンク

 最初こそ気味悪がったいたが、旅が進むにつれて慣れてくる。それどころか最近では興味津々。匂いがすれば、その亡骸を確認したがる。自然に吹かれて朽ちて骨になる様は興味深い。何億年前から繰り返されて来たサイクル。

 広大なるオーストラリアの大地で真理にふれる。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly