チリ北部のゴーストタウンで一夜を明かす | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2014.11.05

カテゴリ : 南アメリカ

348 views

チリ北部のゴーストタウンで一夜を明かす

 

ボリビアの「宝石の道」を踏破して入ったチリの北部は乾燥していた。人の気配どころか、虫一匹いやしない。このチリ北部は雨が降ることなく、乾いた砂漠が広がっている。日が暮れそうになったら、辺りを見渡して適当にテントを張っていた。

カラマを出て、アントファガスタへ向かう途中で、ゴーストタウンが現れた。興味をそそられたので、ここでテントを張ることにする。

スポンサーリンク

確かにここには街があった。その名残を感じさせる建物が立ち並ぶ。なのに何の気配も感じられない。乾いた場所が更に乾いた気がしていた。

テントを張る。

マイホームを手に入れたようで嬉しい。ただし屋根がないのだけれど。確実に道路から見られないので、安心して眠ることができた。お化けは出てこない。

砂嵐。

死の世界。

荒涼した大地にアスファルトの道が一筋伸びる。

チリ北部の砂漠地帯は走りごたえのある道だった。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly