南米パタゴニアの有刺鉄線で見かけた「ご馳走様の印」 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2019.05.19

カテゴリ : 南アメリカ

246 views

南米パタゴニアの有刺鉄線で見かけた「ご馳走様の印」

南米大陸の南も南、パタゴニアのフェゴ島は羊たちの楽園だった。

近寄ると「変な奴が来たぞ」と一目散に逃げられる。

完。

そんなフェゴ島で有刺鉄線に羊の皮がぶら下がっていた。空腹に耐えかねた私の仕業ではない。無罪。でも、誰かが食べてしまった後らしい。そんな話をどこかで読んでいた。先人のチャリダーの本。探してみると、私の憧れのチャリダー待井剛さんの手記だった。

自転車世界一周 出会いが宝
http://biketrip.world.coocan.jp/

第100話です。

翌日もフェゴ島を北上するが雨。1日に100km近くも移動するのだから、少しくらいどこかで晴れてくれたっていいのにと思うが、そう簡単にもいかない。そんな雨降る中で、上野氏の「ご馳走様の印」の羊の話を思い出した。それは、
「道路脇の有刺鉄線に、羊の皮だけがかけてあるけど、あれはご馳走様の印なんだ。羊丸ごと持っていったら泥棒だが、肉だけもらって毛皮を鉄線にかけて残していくのはご馳走様の意味だ。」

この話を憶えていたので写真を撮ったのでした。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE