語学目標 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2005.11.11

カテゴリ : 語学

50 views

語学目標

 海外で日本語は通用しない。必要となる、外国語。世界一周での目標を並べるとこうなる。

英語→マスター
スペイン語→そこそこ
フランス語→そこそこ
アラビア語→まぁまぁ
ロシア語→ちょいちょい
スワヒリ語→ちょっと好奇心

 だいたい世界一周となると必要な言語は英語と仏語とスペイン語の3つが重要となる。英語は世界中で、スペイン語はスペイン本国と中南米、フランス語はフランス本国と西アフリカ一体で使われている。この3つは意欲的に取り組んで物にしたい。特に英語は読みも書きも話すのも聞き取るのも貪欲に。英語はマスターしていきたい。

 重要度が下がって次は、ロシア語とアラビア語、ロシア語は旧ソ連圏、アラビア語は北アフリカとサウジアラビア半島にて使える。アラビア語は勉強すると結構活躍すると思うし、アラブ文字にも興味があるので、頑張って覚えたい。ロシア語はキリル文字は素敵だなと思うけれど、自分としては魅力度が低いので、向うに行ってどうするか否。

 スワヒリ語はタンザニアとケニアぐらいで使われるのかな。ちょっとだけ好奇心。残りアジアや、ヨーロッパでの各国言語は挨拶とか位は忘れないように覚えたいかな。これが一応の語学目標。
 

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE