このサイトについて
Home > 2月, 2006

2006.02.15

覚悟

 世界一周をやり遂げる覚悟はできている。歩みは遅くとも歩き続けていたい。

2005/02/04


2006.02.12

欲しい物

 人と話しながら将来の夢が膨らむ。

ロードレーサー、
ママチャリ、
小径チャリ、
旅行用自転車
リカンベント
タンデム

 自転車でこれくらい欲しい。絶対ロードレーサー早いって。タイヤの厚さがだって現行の自分の三分の一なんだもん。リカンベントは背もたれがついて走る奴,タンデムは二人のり自転車の事。こんだけあれば楽しい生活送れるだろうな。

カブ
オフ車

 バイクならこれかな~。新聞配達やってたカブは一度廃車にしたがもう一度欲しい。オフ車はあれば山奥奥へ遊びに行けそうなので。

軽トラ
普通車(荷物つめるの)

 車だととりあえずこのふたつ。軽トラはささやきかける魅力がある。普通車は自転車とかつめそうなのがいい。まぁ、まずは免許だけど。

 そんな事より、嫁さんと子供も欲しい。結婚願望も子供願望も強い22歳。世界一周を終わらせてやってやろうと思う事がまだたくさん。

2005/02/03


2006.02.10

47日目 テンション

 まだシドニーにいる。大体の装備は手に入ったので、そろそろ出かけたい。

 英語ばかりが頭に入っているのでいい加減疲れてきた。ハイテンションで飛ばして多分、最近テンション下がりまくり。安宿でいい感じの人ばかりで楽しいんだけど、そろそろ一人にもなりたくなってきた。出発しないとな。


2006.02.08

ホリエモン

堀江の錬金術師
檻エモン

 と冗談はさておき、速いよな。駆け抜けて行った。だって話題となった近鉄買収が一昨年の夏。それから二年も立ってない訳で駆け抜けて行った。この勢いを良い事に使えば、どんなに良い人間になったと思う反面、それはそれでホリエモンではなくなるとも思ったりもして。

 天気予報の参入や、中東のアルジャシーラのニュース配信など、ひと味違った事をやってくれるライブドアは嫌いではないので、きちんとルールの枠内でこれからも頑張って欲しい。

2005/02/03


2006.02.07

44日目 シドニー

下のエントリの通り、自分は今シドニーにいます。ヒャッフー 。

飛行機は心配してた超過もなく、乗ることができた。何と3回も離陸と着陸を経験し楽しかった。ついたら自転車を組み立てて10キロ近く走ったて宿まで。1泊20ドルの安宿で体勢を整え出発するつもり。

今日はアメックスのオフィスでTCを換金した後、ワーキングホリデーのビザに必要なスタンプを押して、10ドルで丸刈りにして、とりあえず必要な歯磨き、石鹸、などを買って、ネットカフェに立ち寄った。

まだ二日目だけどオーストラリアはなんか町がでかい。というか人もでかい。すげー高い高い人がいっぱい。後、食料もでかい。2リットルのジュースや250gのポテトチップすが標準だなんて、やっぱり太ると思う。

英語はあんまり通じてないと思うが、がんばっている。昔ならった単語を思い出してはにやけている。ばりばり話せるようにしたい。

物価は安いものは安い、後ビッグサイズを工夫すれば何とかなる気もする。だけど100円ショップなれした自分としては1ダラーショップはないものかと・・・。1豪ドル75円だと割安感を感じるのだけど。まぁ、しばらくは計画どおり節約の旅をする。


2006.02.06

シティリゾートホテル

...

シティリゾートホテル

06/02/06~02/11

[国名] オーストラリア
[都市] シドニー
[泊数] 5泊
[値段] 20$/day

 日本で見た地球の歩き方で屋上ガーデンに惹かれて決めた。オーナーはコリアン?日本人もちらほらと。コリアンの子とも仲良くなれて楽しかった。自分にとって海外初めての宿だった。ゴキブリが多い、

[部屋] 4人ベッド、冷蔵庫、テレビ
[設備] フリーライス、パン、フリーインターネット30分
[キッチン] 火力弱、電子レンジ
[自転車] 階段下に置いた?

[住所] 103-105 palmer st wooloamoolo,2011

06/08/24 

(さらに…)


シドニー

 今度こそはオーストラリアについてるはずだ!
 
 シドニー。

 本来はアデレートだったけれど同じ所もしゃくだし、今度はシドニー。これだとオーストラリア最高峰のコジウスコに夏に登れるし、東部は人の多い所なのでゆっくりとした旅で体をならす事が出来る。それからアデレートへ向かい、中央砂漠ルートかナラバー横断ルートの二者択一。

 おかげでただでさえ距離のあるオーストラリアの距離がまた一つ伸びた。全部走れば2万キロ?


2006.02.05

平和教育

 1983年生まれ。小学校入学は1990年、中学校入学は1996年卒業は1999年。毎年、夏になると平和教育を受けて来た。6月の福岡大空襲と、8月の原爆がメインで日本の話しかなかったな。平和は大事、戦争はいけない、それが決まり事だった。

 だけどその間にも、ユーゴ紛争、サラエボ内戦、第一次チェチェン、ソマリアのブラックホークダウン、ルワンダの大虐殺。平和、平和と唱えてもどうしようもない現実。たくさんの人が死んでいっている。ルワンダなんかには武力が必要だったのではないか?狂気を抑える為の力による抑制。

 ある意味カルト宗教だったよな、あの頃の平和教育。正義と悪と線引きできないのは重々承知、でもそれでも正義を掲げないといけないのがこの世の中ではないだろうか?まだ今も平和教育とは戦争反対と念仏のように唱えているだけなのだろうか?

2006/01/24


2006.02.03

40日目 輪行

 結局、自分で何とかしないといけないなと思っていたら見つけたのは3000円で自転車を運べるabc、梱包を果たし夕方には送り出した。後は手荷物。極限に極限を重ねて減らさないと試行錯誤中。

 16日に失敗して17日に帰還した東京。映画ホテルルワンダを見る事が出来、靖国参拝も果たし、遊就館にも見学できた。何より、上温湯隆のサハラに死すが読めたのがよかった。これらの事はいずれまとめて書きたい。

 2月5日に飛行機は飛ぶ。今度はびしっと決めたい。

 


2006.02.02

タイムマシン

 悪い人がタイムマシンを開発したら、悪い人が未来と線を結び、その悪い人が上手くいく歴史がつみ上がる。逆も然り。タイムマシンは善悪どちらか極端に振れていると思う。

 タイムマシンを使って未来や過去の人が現在に現れてもみつからないなんて容易いことだろう。過去と現在と未来を一つに線を結ぶ事のできた彼らに取っては。自分達がどんなに探したって見つける事が出来ない。だから見えない。一握りの人達をのぞいて。

 実はその人達が今の歴史を操っている。作られたシナリオによって。

 

(さらに…)