【近況】東莞市中堂鎮まで走って、ようやく落ち着ける | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2008.04.19

カテゴリ : 近況

137 views

【近況】東莞市中堂鎮まで走って、ようやく落ち着ける

中堂って、深圳北100km位の所に居る。南寧から、広東省に入り、北回帰線をうろうろ。広州に入った。ここに自転車をおくつもりだったが、中心部の宿は超高額。離れに泊まったが、預かってくれなかった。都会は冷たいと移動。だが、預かってくれる宿は見つからない。というか安宿は泊めてくらすれない。日本人が中国語話せる訳ねぇじゃねぇか。

だが、ようやく預かってくれる宿を確保。走って行くことも考えていたので、本当に助かった。旅で一番しんどかったかもしれない。この件はまた詳しく書きたいが。ともかく明日ビザぎりぎりで香港に行って来る。

スポンサーリンク

中堂と十八

こんな街に泊まるなんてそれがチャリ旅。大型スーパーが2つある。そのうち一つがスパー。中国語だと十八。日本だとコンビニ展開しているんだが。その展開の仕方が局地戦法で気になる企業だ。オーストラリアでも日本人に縁のない地方の田舎で展開していた。そしてここでも。この街は地図で見る限り、街レベル。でも日本でいう人口3万人以下の地方市と同じ位か?それが、この国にいくらあるのだろうか?世界の中に、中国という世界が広がっている。そんな感じがしている。

中国語

書きと読みはいけるのだが、聞くのと話すの、特に話すのが難しいな。でも何処から来た。何人か?何処にいくのか?と簡単な質問は分かる。まだまだ奥が深いが手応えは感じている。まぁ、日々勉強。

PDAで下書きできないと、思うような文が書けないなぁ。PDA使っていてもどうかと思うかもしれないが。www。中国で頑張っていますよ。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

この記事へのコメント (2件)

コメント

  • sugar K より:

    どんな土地がそこに広がっているのか言葉で伝わるけど、写真見てたいね。あの少林寺みたいな風景があったら是非撮っておいてくださいヨ。

  • shuutak より:

     寄国後は写真をたくさん公開できるといいですね。

SHARE