【近況】首都エレバンまで、4つの大きな峠が立ち塞がる | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2010.01.11

カテゴリ : 近況
タグ :

241 views

【近況】首都エレバンまで、4つの大きな峠が立ち塞がる

 

エレバン冬眠中。

1本目の峠、ここから別の沢へと渡った。

1本目の峠、頂上付近

・4つの峠を越えて

イランとアルメニアの国境には河が流れている。イランからダウンヒルで河まで降りるので、その途中でアルメニアの街が一望できる。アルメニア国境の町アガラクは「旧ソ連が作りました」と自己主張の強い姿だった。計画された街。そしてアルメニアに入ると河に沿って移動した後、渓谷上りから峠への道は始まる。

1本目 渓谷上りから、別の渓谷を上がり、もう一本
2本目 ゴリ手前で河に降りる
3本目 ゴリの街をまで上って、高原を駆け抜けて
4本目 エレバンのある盆地に入る峠

スポンサーリンク

どれも凄まじかったが、2本目と3本目が酷い。道がゴリという街を通るのだが、ダウンヒルの途中に山脈をはさんで、遥か前方に街が見える。ところがどっこい、一旦河まで降りて手前の山脈を周らないと街に着かない。パイプラインが山脈に一直線に敷かれていて、その表側を下りながら見て、裏側を上りながら見た。えげつない。

4本目、エレバンのある盆地まで一直線に下ったのだが、その途中に富士山みたいな山が見える。それも大小二つ。トルコ領のアララト山だ。標高は5165mと3914m。ノアの箱舟はこの山に辿り着いたらしい。素晴らしい光景だった。なのに写真を撮り損ねたー。

2本目の峠、霧が晴れたというか雲の上

2本目の峠、新年を迎えた

2本目の峠、遠くに見えるのがゴリの街

3本目の峠、レースコースみたいな上り坂

3本目の峠、高原の一等地

3本目の峠、池が凍りついている

3本目の峠、喜びの到達

3本目の峠、夕焼けと雪景色

4本目の峠、一旦下って、また上った。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly
この記事へのコメント (1件)

コメント