【近況】ナイロビ探索中 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2011.10.13

カテゴリ : 近況

150 views

【近況】ナイロビ探索中

 

 やりきれない思いから飛行(非行)に走りました。ジャンボ。69カ国目はケニアとなった。首都ナイロビ市内の宿にに滞在している。西アフリカから一瞬に世界が変わった。

スポンサーリンク

・安宿

日本人が集まる安宿はドミで600シリング、シングルで1200シリングとなっていた。4つのベッドがあるドミの部屋をのぞいたが、値段と質に納得がいかない。「ちょっと考えさせて、もしよかったらまた来るから」と階段を下りると、「日本語の情報ノートがあるよ」と言われた。「それ、観たいんだけど」と聞くと「宿に泊まったらね」というのが決め手となって遠慮させてもらった。時には日本人宿に反発したい。じゃないと楽しくない。ホテルに行く途中に日本人男性に会い、「シングルで300シリングの部屋に泊まっている」という情報も大きい。女の子に会えないのと、情報ノートをみれないのは残念だけど、やる事はたくさんあるし一人になった。何軒か周ったけれど、全体的に安かった。「こりゃ無理だ、3000円はするだろう」と躊躇した立派な門構えのホテルでさえ、値段を聞くと1000円もしない。結局、朝食つきの1050シリングの部屋に落ち着いた。部屋にシャワートイレは勿論、シャワーはお湯だ。西アフリカに比べると宿の質はよく、その上値段も安い。100シリングが1ドルなのでドル安の恩恵も受けている。

・節約とこれから

旅を始めた頃の自分なら、絶対300シリングの宿を探し当てて泊まっていた。今回は800シリング朝食つきでさえ、水が24時間出ないというのを理由に遠慮した。特に滞在するとなると、予算内のそれなりのホテルで落ち着きたい気持ちが大きい。予算をおさえたら、旅は続くかもしれない。それどころか、北米、南米と資金が足りるか心もとない。だからこそ、節約するべきだけれど、そんな気持ちもあまりない。このままいくと、どこかで資金が足りなくなって、針路で慌てるだろう。今は、それを望むが故に、お金を使っている自分も居ない気がしてない。でも多分、一時帰国までは大丈夫でしょう。

 今年は仕事があってよかった。来年は状況次第では大きく動かないといけない。そのために足りない頭で考えている。でも、ともかく今は記事を書くこと。

 それでは。

 ところで、山崎まさよしの「全部、君だった」と「全部、ケニヤッタ」って似ていませんか?

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly