【近況】ボリビアのラパスのすり鉢が美しすぎた – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.10.09

カテゴリ : 近況

286 views

【近況】ボリビアのラパスのすり鉢が美しすぎた

いい笑顔していた兄弟。

放牧されていた牛。

6日も滞在してしまった重い腰を上げてプーノから脱出。2日で国境に着いた。小銭を作る使命に駆られて必要以上にATMを使ってしまい、ペルーソルが余ってしまったので両替。長かったペルーにさよならを告げてボリビアに入国。

スポンサーリンク

安宿の部屋に窓が無かったので、洗面器で隙間風をしのぐ。

チチカカ湖。

この家はお顔の形をしている。

草原地帯。

ボリビアに入国。

友人のチャリダーが滞在90日のスタンプをもらった聞いていたが、何もいわずにいると30日しかくれなかった。いや、ヘルメットかぶっているし察して欲しかったけど。慌てて「自転車持ってるし、ボリビア広いし、30日じゃちょっと大変」とアピールすると90日スタンプを押してくれた。

恒例のトラック渋滞・・・と思ったら逆送していた。

ペルー国境からボリビアの首都ラパスまで100kmを越えていたので、朝からエナジードリンクで気合を入れてガンガンと走った。30km手前からの向かい風は厳しかったけれど、暗くなる前に市街にに突入。予想していた以上にすり鉢状に詰め込まれた町は美しかった。

こんな景色があるなんて、世界は広いと改めて感じる。

94カ国目のボリビアに突入。新しい国になったので物価、食事、安宿と覚えないといけないことばっかり。

Gigazineで記事を書きました。2015/04/08

世界一の高所にある首都ラパスのすり鉢が美しすぎる
http://gigazine.net/news/20131027-bolivia-lapaz-sightseeing/

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE