星空とは真理に一番近い場所だと思った – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.10.05

カテゴリ :
タグ :

62 views

星空とは真理に一番近い場所だと思った

ナスカから峠を越える際に、標高4,000mでテントを張った。あたりに何もあるわけも無く、見上げると星々がひしめき合っていた。

スポンサーリンク

一人で宇宙を感じていた。生まれてきたことも死にゆくことも、受け入れられそうな空。全てに意味を与えてくれるような気がした。いつか大切な人と一緒に見上げることができたらと願う。感覚が研ぎ澄まされ、真理にさえ触れていたかもしれない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE