【近況】やはり旅には自転車があった方が楽しいと再確認 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.03.05

カテゴリ : 近況

178 views

【近況】やはり旅には自転車があった方が楽しいと再確認

象に注意の標識。

最近のマイブームがミロ。40ルピー。

面白いことを、誰もがやると面白くなくなる。観光地ばかり周っても、という反感から自転車をこぐ。道路の真ん中で象が物乞いをしている。日が暮れてからライトを携え漁をする人たち。道を横切っていったお猿さん。見える景色は、予想がつかない。だから自転車旅行は止められない。

スポンサーリンク

学校。

子どもたち。

ちっちゃな子どもたちが手を振ってくれる。。通り過ぎるときに「え、なにこれ」と思わず笑みがこぼれる少年。子どもたちの無邪気さはいつみても飽きない。どこの国でも探してしまう。

お猿さん。

本日の宿は800ルピーだった。しかも、チェックアウトは朝の8時じゃない!

85km走って街に到着。まだ走りますか。→はい。120km地点まで距離を伸ばす。あてにした町には宿が無くて、日が暮れてしまう。次のAkkaraipattuという町が近かったので、そこに安宿があった。結局130kmを走っている。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE