【近況】この旅のスタートだったオーストラリアを、8年ぶりに訪れて – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.07.13

カテゴリ : 近況

733 views

【近況】この旅のスタートだったオーストラリアを、8年ぶりに訪れて

空港に降り立った。

市街まで約10km。

冬の猫はもふもふ。

2006年の02月10日に、初めての海外としてシドニーの空港に降り立った。初めて海外の空気に触れた場所。10kmもないのに、空港までが遠かった。値段を把握せずに、ガソリンスタンドのスポーツ飲料を買ってみるが、日本の比じゃないくらい高くて、この先やっていけるか不安になった。目的のストリートまでたどり着いたら、番地を数えて予定していた安宿を探した。道路の幅も広いから、高層ビルも随分と大きく見えた。スーパーを探し当てて、物価を確認してひと安心するが、パッケージは全て英語でしばらくは落ち着かなかった。英語は全く喋れなかった。そんなところから、スタートした。

スポンサーリンク

キングスクロスのコカ・コーラの看板は、アートティックになっていた。

高層ビル街。

セブン-イレブンの写真を撮る。

2015年の7月10日に、再びシドニーの空港に降り立つ。あれから、139ヶ国を周った。さっさと自転車を組み立てて、とっとと安宿に向かう。GPSを手に入れたから、道に迷うなんてしない。安宿には当然ワイファイが付いている。初めての時には随分と遠い気がしたオペラハウスも、歩いて行ける距離だった。英語も何とかなる。訪れる前は、もっとワクワクするかなと思っていたけど、訪れてみたら、淡々とした感想となる。

オペラハウスくらいは見てきた。

それでも、ひと通り周ってきたという達成感はあった。入国審査を済ませて、自転車を組み立て、安宿に泊って、スーパーで買い物して、夕食を自炊する。最初の頃のように、戸惑うこともない。そんな自身の成長を感じた。

そして次の国へ。

そもそも、立ち寄る必要はなかったのだが、ニュージーランドへ行くには、オーストラリアを挟むほうが良かった。エア・アジア、スクート、タイガーエアー、ジェットスター、セブパシフィックとオーストラリアの方が、LCCの選択肢が豊富。だったら、久しぶりにオーストラリアを見てみようと、3泊だけしてきた。

・オペラハウスを見る
・友達に会う。
・カンガルー肉を食べる

といったミッションも達成。予想外に寒いのは答えたけど、充実した3日間だった。ちなみに成長したことを書いてるけれど、ニュージーランドへのフライトに慌てることとなる・・・。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE