アフリカの旧フランス植民地におけるクーデターや暴動の記録 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.05.20

カテゴリ : 国際

128 views

アフリカの旧フランス植民地におけるクーデターや暴動の記録

マリ

ブルキナファソ

2008年12月 ギニア 軍部のクーデター 
2011年04月 ブルキナファソ 軍部による騒乱
2011年04月 コートジボワール フランス軍の介入により内戦が終結
2012年03月 マリ、軍部のクーデタ→北部マリ独立
2013年03月 中央アフリカ 反政府勢力が首都制圧。大統領が亡命
2013年05月 チャド クーデター未遂
2014年10月 ブルキナファソ クーデター 27年にも及ぶコンパオレ政権の終焉
2016年09月 ガボン 大統領選挙結果に不満を持つ野党支持者が抗議デモ

フランスは搾取しかしてないのか。どうしてこうなる。

スポンサーリンク

大統領と面会、建前と少しの本音 無風の官邸 @バンギ

中央アフリカのこの記事は読んだんだけど、1ヵ月後に大統領が亡命しているなんて。

東アフリカでもっとも貧しい国のマラウイ=西アフリカで発展しているセネガル、カメルーンといった認識。コートジボワールも優等生だったが、内戦の影響が出ているだろう。

日本=アジア、アメリカ=中南米、ヨーロッパ=アフリカ。役割分担じゃないけれど、歴史的に関わりが深い。にも関わらずヨーロッパの人たちは・・・。アフリカの国々をEUに統合してあげればいいのに。

ガボン大統領選巡り、野党支持者が抗議3人死亡 – 読売新聞

 【ヨハネスブルク=上杉洋司】ロイター通信などによると、アフリカ中部ガボンで8月27日にあった大統領選を巡り、僅差で敗れた野党支持者らが暴徒化し、首都リーブルビルで9月1日、議会の建物が放火されたほか、警官隊との衝突で少なくとも3人が死亡した。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE