ブルネイの展示会が「暇を持て余した神々の遊び」のよう – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2015.06.25

カテゴリ : 折り畳み自転車

195 views

ブルネイの展示会が「暇を持て余した神々の遊び」のよう

ブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンには、安宿がユースホステルしかない。ドミトリーで1泊10ブルネイ・ドル(約1000円)、ここじゃなければ1泊35ブルネイ・ドル(約3500円)はする。飛行機が少し遅れて、6時過ぎくらいにホステルに到着。旅人に聞いていたとおり、受付は閉まっている。でも、どうにかなるだろうと待っていたら、従業員の人がやってきて、何とか泊まることができた。

ユースホステルは、プールだったり、カフェだったり、レクリエーション施設が併設されている。その併設された体育館で、奇妙な展示会が行われていた。がんがんとクーラーが効いた広い室内に並べられた机の上は、等間隔で仕切られている。インターネットカフェとして、市民に無料開放と思った。でも、違っていた。

ずらーっと連なる水槽の中には、

一匹ぽつりと頭でっかちの熱帯魚が泳いでる。鏡を見せると、近寄ってくる。

一つの水槽に一匹限りで全部同じ魚。頭の大きさは違うから、それを見比べていた。ただ、それだけで若干盛り上がりに欠ける。それでも、ボチボチと地元の人たちは足を運んでいた。ブルネイは医療費、教育費は無料で、税金もかからない国だと聞く。こんな展示会が開かれる余裕が「暇を持て余した神々の遊び」にも重なって仕方なかった。調べてみるとフラワーホーンという名前で「幸運を呼ぶ」という縁起のいい魚のようです。

関連記事

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE