ウランバートルでは地元民の向けのホテルにも泊まった – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.05.24

カテゴリ : 最後の旅まで
タグ : モンゴル

353 views

ウランバートルでは地元民の向けのホテルにも泊まった

ドラゴンホテル。

25000MNT(約1400円)の部屋

ただし便座はない。

ハラホリンからウランバートルへのバスは、市街西部のドラゴンバスステーションに戻ってくる。ハラホリンに行った時と同じバスステーションなので勝手は分かっていた。狙っていた近くの安宿に身を投げる。モンゴル語しか通じなかったけど「25000MNTの部屋に泊まりたい」と強く訴えると、この部屋に泊まれた。ドラゴンホテルに25000MNTの部屋はある。ただ満杯のようなジェスチャーをした気がして、泊まった部屋はいくらの部屋だったのかはっきりしない。意思疎通が不十分。

それでもローカルホテルに泊まってみたかった。

スポンサーリンク

ウランバートル鉄道駅前の安宿にも泊まることができる。このような家が数軒並んでいる。

20000MNT(約1100円)の部屋。

ウランバートルに到着した日は駅前の安宿に入った。宿のおばちゃんと簡単なロシア語でコミニケーションを試みる。言い値は25000MNTだったが、部屋を見せてもらうとそれなりだったので値引きしてもらった。ずっとドミトリーだったので、たまには一人になりたくなる。誰にも気兼ねすることなく、ベッドの上で大の字になって天井を見上げていた。

ウランバートルはホテルがたくさんあった。ツーリスト向けのホテルもある。でも、それは外国人向けなのでモンゴルの匂いがしない。だからこそ、外国ではローカルホテルに泊まってみたくなる。台湾とかでもそうしていた。ローカルホテルに泊まっているときほど、外国を感じることはない。ただ難点は、ネットが使いづらい。だから結局は移動するのだけど・・・。

ウランバートルの安宿はくたびれていても掃除が行き届いていた。おばちゃんがモップを片手に拭き掃除。塩素の臭いがつんと鼻につく。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE