目に見えない優しさを忘れてはいけない – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2013.06.16

カテゴリ :

112 views

目に見えない優しさを忘れてはいけない

「この国は貧しいけれど人がいい」と旅人はいう。ただ、忘れてはいけないのは「目に見える優しさが全てではない」ということ。イランは親切な人が多かった。一方アメリカでは人との触れ合いは少ない。だけど旅をしやすかったのは、断然アメリカだ。その理由は、アメリカの方が親切な国だから。

スポンサーリンク

外国人だからといってぼられる事はない。東洋人だからといって馬鹿にされない、道を尋ねたからと言って金銭の要求はない、お腹を壊してもスーパーでトイレを借りれる、ゴミは道端ではなくゴミ箱に捨てる。「不自由のない日常を作り上げている事実」こそ、旅人に対する優しさではないだろうか。先進国になればなるほど、人とのつながりは希薄になりがり。だからといって彼らは不親切なわけでは決してない。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE