インドネシアの会社がインドという名前で商売をする理由 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.04.24

カテゴリ :

657 views

インドネシアの会社がインドという名前で商売をする理由

 

インドミー。

インドミーを販売しているのはインドフーズという会社。インドと名前がつくがインドネシアの会社。なぜインドに断りなくインドを名乗るのか、ずっと腑に落ちなかった。インドネシアにはインドカフェというインスタントコーヒーもある。

この疑問の答えは、インドの呼び方にあった。

スポンサーリンク

ナマステのインド。

トゥリマカシーのインドネシア

インドという呼び方は日本語が生み出した産物。英語ではインディアと呼ばれている。ロシア語もスペイン語もインディア。インドをインドと呼ぶ国は少ない。

故にインドネシアがインドを名乗る。インドネシア語でもインドはインディア。インドはインドネシアのものなのだ。ずっと疑問に思っていたけど、ようやく謎が解けた。

インドミー=インスタント麺
インドフーズ=会社名
インドカフェ=インスタントコーヒー
インドマレット=コンビニ

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly
この記事へのコメント (2件)

コメント

  • やまもと より:

    東インド会社とは

  • shuutak より:

    やまもと様

    >>英語だとEast_India_Companyですね。あの頃の世界観ではヨーロッパ、地中海沿岸地方以外の地域をインドと呼んでいました。