世界一周をやるならばスマホ2台と携帯番号1つ持っていたい – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2016.05.29

カテゴリ :

638 views

世界一周をやるならばスマホ2台と携帯番号1つ持っていたい

今はASUSのZenFoneとSONYのXperiaの2台体制。

2011年の秋ごろにケニアで初めてスマホを買った。それ以来、旅には欠かせないアイテムの一つとなっている。現地でSIMカードを買えば、どこでもネットに接続できる。テザリングをしたらパソコンでも閲覧可能。ネットカフェにほとんど通わなくなった。これが通常の使い方。

スポンサーリンク

それとは別にもう一つのスマホを用意する。こっちには契約期間の長いSIMを差し込んでおく。インターネットでの宿の予約にこのSIMの携帯番号を使う。褒められたやり方ではないが、一度しか泊まらない安宿に大切な電話番号を教えたくない。

インターネット予約サイトで携帯番号を求められる場面。

もう一つ、空港や市内の無料ワイファイに接続するのにパスワードが必要なケースがある。携帯番号を入力するとSMSでパスワードを教えてくれる。現地SIMがあればいいが、どの国でも買うわけじゃない。そんな時に他国のSIMカードが生きていたら、ローミングしてくれるのでSMSが使える。私がやったときはマレーシアのプリペイドSIMだったので、受信料は気にならなかった。

シンガポールのチャイナタウンの無料ワイファイ。

ベラルーシのショッピングモールの無料ワイファイにも繋いだ。

そうトラブルこともないけど、こんなケースもある。

ただ、この記事はこれまでの反省であって、こんな風にして旅してきたわけではない。もし仮に今から世界一周するとしたら、スマホ2台体制を考える。現地SIMをZenFoneに、長期SIMをXpeariaに入れて使うだろう。

音楽も聞けるし、電子辞書にもなるし、目覚まし時計としても使う。高いスマホならコンデジの代わりにもある。便利な時代になったからこそ、うまくスマホは活用したい

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE