中国語のレベルが上がるツイッターの2つのボット – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.06.21

カテゴリ : 語学

220 views

中国語のレベルが上がるツイッターの2つのボット

 机に向かうだけが勉強ではない。これらのボットをフォローするだけで、ネットサーフィンをしているにも関わらず、ぐいぐいと語彙力が増えていく。そんな感じで、旅を終えたというのに中国語にはまっている。

名状しがたい旧字体bot

香港や台湾で使われている繁体字を学ぶにはこちら。

カタカナの「マ」「ム」「ヌ」が潜んでいます。

想像力を無駄に働かせるといかがわしくも見えます。めっちゃ、入ってます。

犀が辶(みち)を歩くから「遲い」というトンチ。新字体の「遅い」では画数の少ない羊となっていました。

簡化字bot‏

大陸で使われている簡体字を覚えるのにはこちら。

日本漢字の新字体と中国漢字の簡体字には何かと共通点が多い。一時期は「中国が日本を参考にしているのでは?」と勘違いしていた。中国より日本の漢字改革の方が早い。でも、実際は中国の長い歴史上で常に省略化が起きていたようだった。

先祖返りしている。

「它(人間以外の3人称単数を表すあれ、それ)」は「他(男)」「她(女)」と同じ発音である3人称単数を表す言葉。この它は最近良く聞く「咪咪MIMI(おっぱいの歌)」によく出てくる。

ここ最近の中国語&漢字の投稿はギガジンで記事化したいので下準備のつもりでまとめています。それにしても、漢字世界の沼は深い。古い日本語を知ることが中国語の勉強になるなんて思ってもいなかった。

日本ではマイナーな漢字が向こうでメジャーだったり、2つの漢字が1つに統一されていたり。ともかく漢字を整理させないと。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE