麻生をあそう、桐生をきりゅう、粟生をあおと読むための理屈 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2019.05.03

カテゴリ : 語学
タグ : 日本語

366 views

麻生をあそう、桐生をきりゅう、粟生をあおと読むための理屈

 

・さふ、そう

麻生える→麻生→あそう
草生える→草生→くそう
稲生える→稲生→いのう
蒲生える→蒲生→がもう

麻生→あさふ→asahu→asau→asou→あそう

生は「ふ(hu)」で読むが、語頭のhは無音化して「う」となる。歴史的仮名遣いの「あう(au)」は現代語では「おう(ou)」の発音になる。

・いふ、ゆう

桐生える→桐生→きりゅう
藤生える→藤生→ふじゅう
黍生える→黍生→きびゅう
柳生える→柳生→やぎゅう

桐生→きりふ→kilihu→kiliu→kilyu→きりゅう

同様に生は「ふ(hu)」で読むが、語頭のhは無音化して「う」となる。歴史的仮名遣いの「いう(iu)」は現代語では「ゆう(yu)」の発音になる。なんJ民の「やきう」「きうり」という言葉のおかげで気づくことができた。ありがとうなんJ民。

・あわふ、あお

粟生える→粟生→あお

粟生→あわふ→あわう→awau→awo→あを→あお

スポンサーリンク

・普通に草

麦生える→麦生→むぎう
葛生える→葛生→くずう
藺生える→藺生→いう (いぐさの藺)

それらしい草に生を付けて検索すると、どこかしらの日本の地名がヒットする。日本草生えまくりであった。

・生をふと読む歴史

「芝生」と書いて「しばふ」と読みますが、この「ふ」というのはずい… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14139101994?fr=pc_tw

古くは『しばふ』以外にも『あさぢふ(浅茅生)』『よもぎふ(蓬生)』『むぐらふ(葎生)』等色々と使われたようです。

あさぢふ(浅茅生)=百人一首
よもぎふ(蓬生)=源氏物語
むぐらふ(葎生)=万葉集

「生」を「ふ」とする読みは、ずいぶんと長い歴史がある。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly