このサイトについて

2015.10.14

エチオピアのインジェラで下痢が止まらなくなった

...

アボガドジュース。

...

インジェラ。

...

コーヒー。

インジェラを食べてお祭りを見ていたのだけど、その時から胃がムカムカしていた。宿に戻るも、調子が出ない。針で刺されているような腹痛。一度便意を催したら、堰を切ったように流れだす。米のとぎ汁のような水便で、トイレに20回くらい駆け込んでいた。胃からも、卵の腐ったような臭いがする。寒気もした。

深夜になると、悪いものもだいぶ減ったようで、便の中にガスが混じり出す。お腹もギュルギュルと鳴っていた。そこから一眠りして、朝を迎えた。まだお腹はゆるいが、動けるくらいまでには回復。その日は、バナナやフルーツジュースといった軽いものでお腹を満たす。3日目になると、だいぶ楽になった。

(さらに…)


2015.04.11

【近況】半熟の目玉焼きにあたってお腹を壊した

...

タージ・マハル。

...

安宿の屋上から。

07日 120km位走って到着。
08日 朝からタージ・マハル観光。
09日 グーグルマップの走行記録の作成に没頭
10日 お腹を壊して、一日動けず。
11日 原稿を仕上げる。

とアグラに滞在していた。

09日の夜に本格的にお腹を壊す。キムチチャーハンの上に乗った半熟の目玉焼きが原因と推測。何年もやっているから分かっているだろうと信用したのが敗因。夜中にお腹がキューンと痛む。そこから汁状の便。悪寒も走る。翌日の10日は、体内が張っている状態で、胃がムカムカ。上からも下からもガスが出る。頻繁には出ないが、下痢は続く。朝はクッキー、昼はパンとバナナとマンゴージュース、夜はラーメンで済ませた。胃は受け付けないがお腹は空く。11日、だいぶマシにはなったが出てくるのは下痢。それでも、動けるくらいにはなっているので、明日問題がなければ出発したい。ペルーでやった時に比べると軽いので、楽観視している。

(さらに…)


2013.08.11

ペルーで激しい下痢となったのは何が原因?

...

8月9日未明にお腹が痛んでトイレに駆け込む。2回目くらいで便が緩々に。布団に潜り込むも震えていた。それでもいつしか眠りについてた。朝は早く起きるが、症状は改善されない。エクアドルでお腹を壊したときの薬があったのでそれを飲む。下痢止めも飲む。椅子に座ればパソコンいじれるのだけど、それすら辛いのでベッドでゴロゴロ。夜中には下腹部がキリキリしていたけれど、朝は胃がムカムカしている感じだった。そして、少し吐いた。少し血が混じっていた。

(さらに…)


2009.08.23

【近況】中国でもお腹を壊すことになるとは

 昨日にお腹を壊した。一日寝込んで棒に振る。軽い吐き気と、全身に漂う倦怠感、そして便がシャーシャーだった。薬のんだら、少し楽になった。全くやりたい事はたくさん有ると言うのに。

(さらに…)


2008.02.01

【近況】ラオスを脱出して、タイに戻ってきた

 ニーハオというのは嘘で、タイチェンコン到着。よくよく考えてみるとラオスビザは15日有効で、加えて悪路と山道を予想していた西進ルートは、舗装路で丘程度だったので間に合った。ラオス終了した。

(さらに…)