工場のライン作業中にお腹を壊してしまう – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2017.12.31

カテゴリ : 旅を終えて

1,638 views

工場のライン作業中にお腹を壊してしまう

「はたらいた」と「はらたいら」と語感が近い。そんなことで「はらいたい」。

 というネタを温めていたのだけど、年末の最後の稼働日、本当にお腹を壊してしまった。いつもとは違ってお腹がキューッと痛んだ。これ知ってる。やばい奴だ。それでも、休憩まで我慢するつもりで平静を装う。しかし、寄せては返す波のように、便意が繰り返しやってくる。最初は穏やかだった。でも、時間が経つに連れて波は高さを増していく。「乗るしかないこのビッグウェーブ」と便意が耳元で囁く。いや、乗ったら漏れるって。ギリギリの所で仕事を変わってもらって、トイレに駆け込んだ。食あたりだろう。便がゆるゆるだった。

 原因として怪しかったのは昼に食べたラーメンの白菜。洗わなかったので小さな虫がたかっていて、ほんの少し口にしただけで廃棄した。でも、火は通っている。だとしたら、寒天ゼリーが原因かもしれない。賞味期限内だったが、ゼリーが固体と液体に分離しかけていた。部屋に備え付けの冷蔵庫の冷凍が強すぎて、冷蔵のものも凍らせてしまう。寒天ゼリーも一度凍って、再度解凍していた可能性が高い。だけど、大丈夫だろうと高をくくって食べてしまった。

 同じことを繰り返さないようにも記録しておく。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE