生涯の夢は5ヶ国語 – 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2011.10.23

カテゴリ : 未分類

157 views

生涯の夢は5ヶ国語

英語を放り投げている自分がいる。だって、みんな勉強しているじゃない。「英語を勉強する為に、ニュージーランドに行く」と言ったあの人とか全然面白くない。反発したい。だから、必要だけど後回しにしよう。

スポンサーリンク

・中国語

最近、またチャイニーズポップ(でも大半は台湾)を聞き出したらはまっている。もう一度、中国に行ってCDを手に入れたいな~。手持ちのは聞き飽きた。中国語は漢字に新しい韻を入れていく作業。それも基本は一字一韻、しかも四声は別として到、倒、や看、感とか眼、願、原までと日本と同じ同韻がある。歌を聴きながら漢字に中国ローマ字を思い浮かべる。半分くらいは分るか。でも、全然分らない漢字もあるからまだまだ。また、勉強しだそうか。

・フランス語

西から中部にかけてのアフリカはほぼフランス語圏、そんなアフリカのフランス語使いにもまれて怪しいフランス語を手に入れた。全く座学をしていないからこのの怪しさは無限大。それでも、よく使われる単語、フレーズには目を付けたりした。「moi aussi(me too)」「on y va(Let’s Go)」「ア、ツ、タラー(See you soon)」「セ、クワ、サ(What’s this?)」とかとか。quelqueの大事さに気付けば「quelque jour(some day)」「ケルカン(sombody)」「ケルクシューズ(something)」。重要な単語は簡単な単語の組み合わせだったりもする。「tout jour(every day)」「メムとシューズ(same thing)」とか。ああでも、まったく単語を書けていないから駄目だ。そしてフランス語圏の最後の最後に来て、文法をやろうと思った。適当にやってきたけど人称によって動詞が活用したりとか、 目的格の場所が動詞の前に来たりとか、そんなのがあった気がするが手遅れ。でも、なかなかいい線行ってた気がするから、気が向いたら頑張りたい。好き。

・スペイン語

スパニッシュポップは聞き取りやすい。好き。こっから単語を増やしていけば、スペイン語ペラペラの道はそう遠くないはず。好きな歌手はRicky Martin、Juanes、La Quinta Estacionとアメリカ大陸に渡ったらCDを手に入れる。好きな単語はボニータ(cute)。

・ロシア語

まったくやる気はないけれど、本場のロシアに行って本場の「ポニョー(アンダースタンド)」を聞いてみたい気がする。勿論それを言うのはおっさんな気がしないが。、「ヤニパニマエール」とか「ニイズナーシュ」とか「ダスビダーニャ」、「チャイチョルニ」「スコリカストイ」「ヤハチュー」とか知っている単語を駆使してロシアを旅してみたいなー。ロシア語は好き。

日本語、英語、中国語、フランス語、スペイン語を使うことが生涯の目標だった。サボりがちだが忘れてはいけない。だから、中国語、フランス語、スペイン語を中心に勉強を始めようかな。去年は2ヶ月くらいだが、毎日1ページの書き込みをやっていた。小学生や中学生の漢字練習じゃないけれど、やっぱり書いたら覚えるように脳ができている。中国語のピンインとフランス語とスペイン語の単語を書くか。誰からも強制されるわけじゃないけれど、自分のやりたい事をやるならば勉強しないと。真面目にやったら報告する。

関連記事

プロフィール



周藤 卓也(しゅうとう たくや)
旅人・写真家・ライター。1983年 福岡県生まれ。
2005年より自転車世界一周に挑戦、
2016年に達成。
GIGAZINE等に寄稿するライター業、
講演等を行いながら、
自転車旅行者向けの安宿を立上げるため準備中。

詳細なプロフィールを見る

自転車世界一周チャリダーマンのおすすめ一覧-Amazonインスタントストア

SHARE