このサイトについて
Home > 12月, 2013

2013.12.28

現在進んでいる案件

・ ホームページ
・ 仕事
・ 出版
・ 世界番付に提供した写真は終了。

やること

・ 写真のフリー素材化
・ 年末年始のご挨拶

ひとまず出版関係の方からメール来た。くだらないコメントを残した元世界一周バックパッカーに伝えたいのだが、こちらの勝ちです。書きたいことも書けなくなった中途半端な男が、本なんて出せるわけないじゃない。他人は他人で自分は自分。やることをやらないと明日は変わらない。

来年はウスアイア到着で、自転車世界一周は完成。プラスアルファでどこに行くか考えてるけれど、次のステップを考えないと行けない時期。出版と就職を考えて行動していかないと。


2013.12.27

【近況】あきらめたらそこで今年は終了ですよ

...

ビーニャを出てから高速に乗ったのだけど、1本目は野宿のために、2本目はショートカットのために、小さな峠を越えていた。

...

サンタに負けず、クリスマスも走っていたよ。

...

だいぶ南下したから、辺りは緑豊か。この辺りではあじさいが咲いている。

ビーニャデルマールから1日半でサンティアゴの南に抜けて、後はひたすら南下を続けている。3日目にテノという小さな町に到着。先行しているチャリダーの情報で安宿があって、自分は4000ペソ(約800円)の部屋を見つけた。疲れていたので連泊。もしかしてサンティアゴ以南は安宿が多いかもと期待したが、翌日は15000ペソ(約3000円)しかみつからない。やはり野宿。テノから5日でプコンまで走った。テムコから東進して針路はアルゼンチンに。ビジャリカ、プコンはチリ人のリゾート地で、街の雰囲気もオシャレ。プコンではキャンプ場に身を投げた。

(さらに…)


2013.12.14

【近況】パタゴニアに突入する準備と言い聞かせて

...

アルゼンチンのお肉対策にフライパンを手に入れた。大コッヘル一つしかないので、

...

日本に荷物を送る。

ビーニャ・デル・マルの日々はあっという間に過ぎていく。チャリダー4人でサンティアゴのスポーツモールに出かけたり、ボリビアで手に入れたスマホを旅仕様にカスタマイズしたり。それでも、そろそろ出発の目安をつけないと。

(さらに…)


権力に立ち向かう朝日新聞に感心したと思ったら

海自、いじめ自殺告発者の懲戒検討 文書持ち出し問題視

【高野遼】海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」乗組員の自殺に絡み、「いじめを示す調査文書が隠されている」と内部告発した3等海佐(46)に対し、海自が懲戒処分の手続きを始めた。遺族らに「捨てた」としていた海自は告発後、原本が見つかったと謝罪していた。特定秘密保護法で行政機関の情報隠しが懸念される中、秘密でもない文書への内部告発まで萎縮させる隠蔽(いんぺい)体質が、改めて浮かび上がった。

いろいろと問題を起こす朝日新聞だが、やるときはやってくれる。と思っていたら、あれおかしい・・・。

(さらに…)


2013.12.09

放火事件を引き起こした在コンゴ日本大使館に対するもどかしさ

 コンゴ民主共和国の日本大使館の放火事件で、放火容疑で逮捕された元3等書記官の外務省職員、山田真也容疑者(30)=横浜市港北区=が、大使館に火をつけたことを認める供述を始めたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。山田容疑者は逮捕された当初、容疑を否認していた。

引用元 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131205/crm13120523270028-n1.htm

大統領選挙前でビザが取れずに、コンゴ民主共和国には苦労させられた。悪い国ほど旅行がしづらい。ナイジェリア、北朝鮮、ロシア、トルクメニスタン、サウジアラビアも然り。中央アフリカ共和国から入って、ウガンダに抜けた友人のチャリダーからも、この辺は賄賂で大変だったと聞いている。

無実の罪で収監!黒人だらけの檻に入れられ高額賄賂要求事件!コンゴ民主共和国の最低最悪な人権侵害の実態 檻の中からの動画有!

自分たちの前にバックパッカーが突入していて、このような事態が起きていた。

(さらに…)


2013.12.08

【近況】チリ北部を写真で一気に振り返る

...

カラマを出るとサンティアゴ1458kmの表示。ビーニャ・デル・マル来ると100kmを切っているはず。

...

チリ北部、海沿いの町アントファガスタ。幹線から外れているので、標高差500mを乗り越えて買い出し。

...

北部は虫一匹すら居ない不毛地帯。

カラマからビーニャ・デル・マルを一気おなに振り返る。11/18~12/4の17日間。2日間ホステルに泊まる。いつになく真面目に走った。ベトナムもこれくらい真面目に走っていたけれど、チリはこれで3分の1が終わったかすら怪しい。第二行程はプエルトモンまで、第三行程はコイアイケまで、第四行程はカラファテ、第五行程はウスアイア。ひとまず第一行程は終了。

(さらに…)


2013.12.07

【近況】ビーニャ・デル・マルに沈没の予定

ラ・セレナから4日でビーニャ・デル・マルに到着。2日目には恐怖の向かい風で進まず。諦めかけていた3日目は追い風。到着日はいつにない力を出して真面目に走った。チリの道路の勾配は急で、すぐに一番軽いギアにしないといけない。150mくらいは予告なしで一気に上る。そして一気に下る。ビーニャ・デル・マルの日本人宿には3組4人のチャリダーが揃って、賑やかなことになっていて楽しい。一息ついたので報告、連絡はもう少し待って。

(さらに…)