【近況】対照的な「都市の華やかさ」と「農村の貧しさ」 | 自転車世界一周チャリダーマン

自転車世界一周チャリダーマン

150ヶ国 131,214km 自転車世界一周
「チャリダーマン」周藤卓也Webサイト

ブログ

2009.07.02

カテゴリ : 近況

88 views

【近況】対照的な「都市の華やかさ」と「農村の貧しさ」

 

北京から4日目、石家庄から西に曲がって、山西省に入った。北京から石家庄までは平らだったんだが、昨日は延々と山並みを走った。川に沿っているんだけれども、40kmも50kmも終わらない。そこに住む人も町もいつになく貧しい雰囲気だった。

スポンサーリンク

それが一転、この県の県庁所在地である陽泉に降りれば、人人人の渦。繁華街が広がり、その南にはウォルマートを核とした複合商業施設がどーんと構えている。なんだ、どうなってるかと目を疑ってしまった。しょぼい町を想像していたのに。

未だ走る。なんだか通り道に世界遺産でもある、平揺古城があるらしいから、見学するかも。西安まで、後700kmちょっと。

関連記事

プロフィール

・周藤 卓也(しゅうとう たくや)
1983年 福岡県生まれ。
150カ国と13万1214.54kmの自転車世界一周を達成。
次なる夢は福岡でゲストハウスの開業。
WEBライターとしてGIGAZINEで連載

⇢詳細なプロフィール

follow us in feedly
この記事へのコメント (1件)

コメント

  • toku より:

    進んでますね~
    平遥古城に石窟群。。。
    山西省も色々あるんで楽しんで・・・
    ってしてたらビザ切れるから気をつけてね(笑